あの聖地「タワレコ」に、女子も吸い寄せられる

「足」を運び、撮影、群れて盛り上がれる場所

日本は世界でも珍しいCDがメインの市場だが、ストリーミングも成長している。日本レコード協会によると、2018年の実績は30%増の310億円(音楽ビデオなどを含むと348億円)。CDの約5分の1の規模だが、着実にシフトは進んでいると言わざるをえない。

今後、CDショップとしてどのような手を打っていくのか。高橋取締役は「壮大なビジョンがあるわけではない」としつつもこう語る。

5階のK-POPフロアでレジに列を作る若い女性ファン。今がCD不況とは思えない光景だが…(記者撮影)

「確かにCDは減少しているが、それほど悲観はしていない。今後もお客様としっかり対峙し、欲していると思われることを調整しながらやっていく。来店していただいたとき、ファンのことをわかっているなと思ってもらえる店舗にしたい」。ファン目線で要望を捉え続けることで、難局を乗り切る覚悟だ。

レコード会社や音楽事務所との連携がカギ

デジタル音楽ジャーナリストのジェイ・コウガミ氏は指摘する。「ショップがファンで盛り上がっているのは非常によいこと。さらに盛り上がれるよう、ファンに働きかけ続けることが大事だ。CDが減少する中、アーティストの聖地と呼ばれる各店舗のバイヤーは、音楽ファンを熟知する貴重な人材。ショップでの展開にとどまらず、その知見はマーケティングなどに活用していくべき。そのためにはレコード会社や音楽事務所などと連携した取り組みも必要になる」

日本上陸から40年、音楽を聴く方法やメディアが移り変わる中でも、熱心な音楽ファンを店頭に惹き付けることができるか。長年ファンと直接向き合いニーズに応えてきた経験を生かし、新たな仕掛けを提供し続けることが令和時代を生き残るカギになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT