NTTドコモ「携帯違約金1000円は衝撃的だった」

吉澤社長、料金修正は「楽天を見て考える」

ーー10月からは楽天も本格参入してきます。

楽天は料金も安く、かつ期間拘束もないプランを出すと言っているが、こちらの修正や対応は当然、楽天の動きもみながら考える必要がある。先に料金を微修正して、また楽天のプランをみてからさらに微修正すると、契約者を混乱させてしまう。しっかり状況を見ながら考えていきたい。

ーー違約金が1000円に引き下げられると、今後の乗り換えは活発になりますか。

違約金が1000円になることで、お客さんがどこまで契約内容を見直して解約をしたいと思うのか。いま乗り換えをしているお客さんはどちらかと言うと、新しい端末を安く入手したいからという理由が多い。今後は違約金が下がる一方で、同時に端末値引きの金額も少なくなるので、そこまで乗り換えは増えないかもしれない。

ソフトバンクやauの4年縛りは問題だ

2年契約の違約金よりも、ロックイン(囲い込み)効果がもっとも高いのはソフトバンクやauの4年縛りだ(注:ソフトバンクとauは、高額なスマホ端末の販売を48回の毎月払いとし、2年後にその端末を下取りに出せば、25カ月目以降の残債を免除する売り方をしている。このプログラムの利用には、最初に通信の2年契約に加入することが条件になっている)。4年縛りの残債免除の条件の中には今も機種変更があり、あれではお客さんが容易に抜けられない。

「ソフトバンクやauの4年縛りは問題だ」と語るNTTドコモの吉澤社長(撮影:尾形文繁)

今でも両社は、(法改正でこのやり方が封じられる前に)この契約を取るために、一生懸命キャッシュバックをやっている。表では「端末と通信料金を分離しました」と言いながら、こういうやり方を続けているのは問題なのではないか。 

ーー省令改正前に結んだ契約には、今秋以降も9500円の違約金がかかります。こうした利用者の違約金を自主的に1000円に下げる考えはありませんか。

そういう考え方もあるが、そこの9500円の扱いはすごく難しい。われわれとしては今の契約者の違約金は9500円のままだと考えている。ただ、ルールが変わる前に、現行の2年契約をたくさん取ろうと、過度なキャッシュバックをつけることはもう絶対にしない。

ーー2年契約の拘束力が弱まっていく中で、今後はどうやって顧客をつなぎとめていきますか。

顧客基盤の中心は今も携帯電話の契約者だが、うちは(携帯電話の契約がなくても加入できる)会員顧客基盤をより重視する方向に徐々にシフトしてきた。dポイントやキャッシュレス、カード、動画などだ。今後も会員サービス向けのポイント総額や加盟店を拡大したり、決済や5Gに絡むコンテンツに投資したりして、携帯以外のサービスを利用する人を増やし、顧客基盤を強化していきたい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。