米マクドナルド、4Q売上高が予想下回る

米国での厳しい寒波が一因

1月23日、米マクドナルドが発表した第4・四半期決算は、売上高が市場予想を下回った。写真はニューヨークの同店舗前で2011年1月撮影(2014年 ロイター/Shannon Stapleton)

[23日 ロイター] -米マクドナルドが23日発表した第4・四半期決算は、売上高が市場予想を下回った。米国での厳しい寒波が一因となり、来客数が減少した。

第4・四半期の世界既存店売上高は予想外の0.1%減。コンセンサス・メトリックスによると、アナリストは0.5%増を見込んでいた。

同社は10月、厳しい競争やさえない景気回復が続く中、第4・四半期の既存店売上高も引き続き弱含むとの見通しを示していた。

純利益は14億ドル(1株当たり1.40ドル)。前年同期は14億ドル(同1.38ドル)だった。

総売上高は2%増の70億9000万ドル。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の平均は1株利益が1.39ドル、売上高が71億1000万ドルだった。

米国の既存店売上高は1.4%減少。一方、欧州は1%増となった。アジア太平洋・中東アフリカ(APMEA)は2.4%減だった。コンセンサス・メトリックスのアナリスト予想は、米国が0.2%減、欧州は1.1%増、APMEAは1.3%減だった。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT