ホンダ新型「N-WGN」はN-BOXと何が違うのか

正しい運転姿勢を保つための工夫も加わった

実は、昨今頻発しているペダル踏み間違いや踏みそこないによる交通事故は、この正しい運転姿勢をとれないまま走っていて、緊急の際に誤操作を起こしている可能性がある。新型N-WGNは、そこにようやく対応を施してきたというわけだ。このテレスコピック機構は、N-BOXには採用されていない。したがって試乗の際に私は、実際にブレーキペダルを何度か踏みそこないそうになっている。

過去はともかくとしても、個人に日々利用してほしいとホンダが考えるN-WGNに、テレスコピック機構が採用されたことは喜ばしい。説明会場に展示されたクルマの運転席に座ってみると、しっくりとくる運転姿勢をとることができた。

ハンドルの調節機能だけで長くなったが、安全運転の基本中の基本といえる正しい運転姿勢をとれるように機能を充実させた新型N-WGNは、老若男女を問わず選択肢の1つとしてまず薦められると思う。

初代を上回る明確な商品性が示されている

安全面ではほかに、ホンダ・センシングと呼ばれる運転支援機能が標準装備される。すべてのグレードで装備車を選ぶことができるのだろう。ホンダの軽自動車としては初めてという、渋滞追従機能付きのアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)の適用や、後退で駐車する際に障害物の存在を音で知らせるパーキングセンサーシステムがホンダの軽自動車として初めて標準装備される。

例えば、背の高いハイトワゴンで風の強い日に高速道路を走行する際に、ふらつきやすくなることがある。ホンダ・センシングの機能の1つである車線維持支援システムは、クルマが自動で車線を維持してくれることにより緊張を和らげてくれる。軽自動車であっても運転支援機能が充実することで、外出や遠出への懸念が減ることは間違いないだろう。

日々の実用性に関しても、初代のN-WGNからの改良が行われている。後ろのハッチバック開口部は、N-BOXと同じように床の低い位置から開けることができるため、重い荷物などを積み込みやすくなっている。

荷室は、床板を中段に設定できる仕組みを採り入れ、上下に荷物を振り分けられるようにできる。その床板を利用しながら、後席背もたれを前方へ倒し込めば、平らな荷室の容量を大きく増やすことも可能だ。N-VANのようにとまではいかないものの、広くて平らな荷室は、個々の用途に合わせ応用が広がるだろう。

事前の情報公開であることから制約があり、すべてを紹介することはできないが、少なくとも展示されたクルマを見る限り、2代目となる新型N-WGNは初代を大きく上回る明確な商品性が示され、魅力的に映った。試乗できる機会を楽しみにしたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT