アウディ「A6」乗ってわかった最新進化の実力

「かなりイイ」という噂は本当なのか

アウディの新型A6はドライバーズカーとして本当にいいのか試乗してみた(写真:LEON編集部)
アウディのA6がフルモデルチェンジした。かなりイイという噂は本当か? アバントとセダンを徹底的に乗り倒してみた!

ミディアムクラスの市場は今かなりアツイ!?

プレミアムセダンのマーケットが面白い。理由はもちろん、いいクルマがいろいろあるからだ。代表例がアウディの新型A6セダン(とステーションワゴン)である。SUVに対して乗り心地の面で圧倒的にすぐれるセダン。しかも広くて、かつ走りも楽しめるA6は、注目してもらいたいモデルだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

日本では2019年3月に発売された新型アウディA6に、6月になってようやく試乗がかなった。白状すると、A8などと基本的なシャシーを共用しているので、ちょっと大型でもっさりしているのか、と思っていた。ところがA6、かなりいい。

試乗したのは、A6セダン55 TFSIクワトロS lineと、A6アバント55 TFSIクワトロS lineだ。両モデルとも3リッターV6ターボエンジンを搭載し、最高出力は250kW(340ps)、最大トルクは500Nmである。オンデマンド型トルク配分のクワトロシステム(本国はウルトラクワトロという)が組み合わされている。

いいところは、かなり軽快な運動性能にある。軽めのステアリングホイールだが、路面からの情報は丁寧に伝わってきて、操舵したときの車体の反応は素早く、つまり操縦していて気持がいい。

全長は4950ミリと大型といってもいいサイズだが、試乗車は、後輪を操舵する「ダイナミックホイールステアリング」と「ダンピングコントロールサスペンション」と、バリアブルレシオの「ダイナミックステアリング」をセットにした「ドライビングパッケージ」のオプションを備えていたおかげで、スポーティーセダンとして楽しめるのだ。

次ページ高速道路のレーンチェンジではどうか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT