「定番ホットケーキ」、専門店のスゴすぎる進化

決してほかでは真似できない「ここだけの味」

最後に紹介するのは、大山にある「ピノキオ」というお店です。

【3】全世界を魅了する造形美「ピノキオ」

「ピノキオ」といえば、ホットケーキ好きの間では言わずと知れた「聖地」です。なぜそこが「進化系」ホットケーキの「一押し」なのかと思う方もいるかもしれません。

しかし、ホットケーキという食べものの姿形にこだわり、造形美を追求するという今の流れをつくったのは、間違いなく「ピノキオ」の店主である塩谷三夫さんです。まさに「進化系」の元祖なのです。

「ピノキオ」のホットケーキは、とにかく「美しい」。そのフォルム、厚さ、焼き色、この造形美はほかのお店ではお目にかかれない逸品です。

大山の名店「ピノキオ」のホットケーキ(撮影:今祥雄)

その造形美に魅了されるのは、日本人だけではありません。世界中から「ピノキオ」のホットケーキを求めて、「大山詣で」が続いているのです。その国籍はアメリカ、中国といったメジャーな国だけでなく、エストニア、北アイルランド、ポルトガル、タヒチと実にさまざま。

塩谷さんがこだわるのは、丸くて厚いホットケーキ。しかも、型枠(セルクル)を使わずに、手作業で「完全なる円形」をつくり出します。だから、単に美しいだけでなく、どこかあったかいのです。

並んで待つ価値が十分にある「進化系ホットケーキ」

紹介した「進化系ホットケーキ」のお店はどこも大人気です。いつもお店の前には行列ができているので、時間帯によっては待つこと覚悟で行く必要があるかもしれません。でも、並ぶ価値は十分にあります

ある大企業の社長は、どうしても「TAMTAM」のホットケーキが食べたくて、1時間並んで食べたそうです。そして、「確かにあれはイノベーションだね。あの創意工夫は見習わなくては」と私に教えてくれました。

単においしいホットケーキを味わうだけでなく、「どうしてこんなホットケーキが生まれたんだろう?」「どうしてこんなに繁盛しているんだろう?」と考えることも、生きたビジネスの勉強になるはずです。

昔ながらの懐かしい味がしぶとく残る一方で、時代にマッチした新しいホットケーキも誕生しています。その中には、ホットケーキという「素晴らしい食べ物」を残そうと前向きに取り組んでいる若い世代の人たちもいます。

「ホットケーキなんてどれも同じだろう」と思われている方、ぜひ紹介した「進化系」のお店を訪ねてみてください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT