「定番ホットケーキ」、専門店のスゴすぎる進化

決してほかでは真似できない「ここだけの味」

最後に紹介するのは、大山にある「ピノキオ」というお店です。

【3】全世界を魅了する造形美「ピノキオ」

「ピノキオ」といえば、ホットケーキ好きの間では言わずと知れた「聖地」です。なぜそこが「進化系」ホットケーキの「一押し」なのかと思う方もいるかもしれません。

しかし、ホットケーキという食べものの姿形にこだわり、造形美を追求するという今の流れをつくったのは、間違いなく「ピノキオ」の店主である塩谷三夫さんです。まさに「進化系」の元祖なのです。

「ピノキオ」のホットケーキは、とにかく「美しい」。そのフォルム、厚さ、焼き色、この造形美はほかのお店ではお目にかかれない逸品です。

大山の名店「ピノキオ」のホットケーキ(撮影:今祥雄)

その造形美に魅了されるのは、日本人だけではありません。世界中から「ピノキオ」のホットケーキを求めて、「大山詣で」が続いているのです。その国籍はアメリカ、中国といったメジャーな国だけでなく、エストニア、北アイルランド、ポルトガル、タヒチと実にさまざま。

塩谷さんがこだわるのは、丸くて厚いホットケーキ。しかも、型枠(セルクル)を使わずに、手作業で「完全なる円形」をつくり出します。だから、単に美しいだけでなく、どこかあったかいのです。

並んで待つ価値が十分にある「進化系ホットケーキ」

紹介した「進化系ホットケーキ」のお店はどこも大人気です。いつもお店の前には行列ができているので、時間帯によっては待つこと覚悟で行く必要があるかもしれません。でも、並ぶ価値は十分にあります

ある大企業の社長は、どうしても「TAMTAM」のホットケーキが食べたくて、1時間並んで食べたそうです。そして、「確かにあれはイノベーションだね。あの創意工夫は見習わなくては」と私に教えてくれました。

単においしいホットケーキを味わうだけでなく、「どうしてこんなホットケーキが生まれたんだろう?」「どうしてこんなに繁盛しているんだろう?」と考えることも、生きたビジネスの勉強になるはずです。

昔ながらの懐かしい味がしぶとく残る一方で、時代にマッチした新しいホットケーキも誕生しています。その中には、ホットケーキという「素晴らしい食べ物」を残そうと前向きに取り組んでいる若い世代の人たちもいます。

「ホットケーキなんてどれも同じだろう」と思われている方、ぜひ紹介した「進化系」のお店を訪ねてみてください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。