米USTR高官、「TPP交渉は大詰め」

2月に閣僚会合開催の公算

1月22日、米通商代表部(USTR)のカトラー次席代表代行は22日、環太平洋連携協定(TPP)について、交渉は大詰めの段階にあり、来月には閣僚会合が開かれる公算が大きいとの認識を示した。2007年6月撮影(2014年 ロイター/Han Jae-ho)

[ワシントン 22日 ロイター] -米通商代表部(USTR)のカトラー次席代表代行は22日、環太平洋連携協定(TPP)について、交渉は大詰めの段階にあり、来月には閣僚会合が開かれる公算が大きいとの認識を示した。

同次席代表代行は米戦略国際問題研究所(CSIS)が開いた会合で「TPP交渉は大詰めを迎えており、残されている懸案の合意に向けた勢いは高まっている」とし、「交渉参加国は現在、TPP閣僚会議の日程を調整している。来月に開催される可能性が高い」と述べた。

TPP交渉には日米を含む12カ国が参加。知的財産権保護や環境保全の水準、農産品の市場開放などが懸案事項となっている。

米国は当初2013年中の合意を目指していたが、12月の交渉で合意に至らなかった。カトラー次席代表代行は新たな合意期限の目標は明らかにしなかった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。