キム・カーダシアンの「キモノ」、日本から反発

矯正下着ブランドの商標を登録

 米タレントのキム・カーダシアンさん(写真)が矯正下着のブランドを立ち上げ、「キモノ」と名付けたことに対し、日本のソーシャルメディアで抗議の声が広がっている。(2019年 ロイター/ Vanessa Beecroft)

[東京 27日 ロイター] - 米タレントのキム・カーダシアンさんが矯正下着のブランドを立ち上げ、「キモノ」と名付けたことに対し、日本のソーシャルメディアで抗議の声が広がっている。

カーダシアンさんは25日、1年かけて開発した矯正下着のシリーズを公開。全身用やツーピースの下着が複数色で展開されており、「Kimono」を登録商標として申請したという。

だが、日本では結婚式や葬式などフォーマルな場で着用する「着物」が、下着を指す言葉として適用されることに不快感を示す人が増えている。

ツイッターでは、着物は下着ではないので商標登録を中止してほしいといった抗議や、カーダシアンさんに名称を変更するよう求めるコメントが投稿された。ある人物は、結婚式で身につけた着物の写真を投稿した上で「結婚式やプロム(高校のダンスパーティー)、洗礼式の時の服を下着として扱われたらどんな気持ちになるか、カーダシアンさんに想像してもらいたい」と訴えた。

ただ反対意見一色ではなく、着物の宣伝になるという意見もあった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT