キム・カーダシアンの「キモノ」、日本から反発

矯正下着ブランドの商標を登録

 米タレントのキム・カーダシアンさん(写真)が矯正下着のブランドを立ち上げ、「キモノ」と名付けたことに対し、日本のソーシャルメディアで抗議の声が広がっている。(2019年 ロイター/ Vanessa Beecroft)

[東京 27日 ロイター] - 米タレントのキム・カーダシアンさんが矯正下着のブランドを立ち上げ、「キモノ」と名付けたことに対し、日本のソーシャルメディアで抗議の声が広がっている。

カーダシアンさんは25日、1年かけて開発した矯正下着のシリーズを公開。全身用やツーピースの下着が複数色で展開されており、「Kimono」を登録商標として申請したという。

だが、日本では結婚式や葬式などフォーマルな場で着用する「着物」が、下着を指す言葉として適用されることに不快感を示す人が増えている。

ツイッターでは、着物は下着ではないので商標登録を中止してほしいといった抗議や、カーダシアンさんに名称を変更するよう求めるコメントが投稿された。ある人物は、結婚式で身につけた着物の写真を投稿した上で「結婚式やプロム(高校のダンスパーティー)、洗礼式の時の服を下着として扱われたらどんな気持ちになるか、カーダシアンさんに想像してもらいたい」と訴えた。

ただ反対意見一色ではなく、着物の宣伝になるという意見もあった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT