ゆりやんの芸が「アメリカ人にも超ウケた」理由 松本人志も認めた「最高級の芸人」

拡大
縮小

また、レイザーラモンRGさんも認めているとおり、ゆりやんさんのネタは同業者からも高く評価されています。発想力、構成力、表現力のそれぞれに並外れたものがあり、ネタを見ているだけでそれが伝わってきます。英会話、ダンス、ピアノなどの特技をネタに取り入れることもあり、芸達者なのも強みです。

もともとの発想にオリジナリティーがあって面白いうえに、それをネタの形に組み立てて表現するのも上手なのですから、文句のつけようがありません。

近年では、渡辺直美さん、ピコ太郎のプロデュースをした古坂大魔王さんなど、国境を越えて芸人が活躍するケースが目立っています。しかし、日本である程度の成功を収めた芸人が、流暢な英語を操って英語圏でも成功を収める、というのは前例がありません。

今後それを成し遂げられる可能性が最も高いのは、間違いなくゆりやんさんでしょう。芸人としてもパフォーマーとしても基本的な能力が高いうえに、英語力と異文化理解力も兼ね備えているからです。

将来、アカデミー賞でスピーチも?

独特のお笑い文化が発達していて、空気を読み合うことが求められる日本のテレビでは、ゆりやんさんのわが道を行く芸風が、時に空回りしてしまうことがあります。しかし、お互いの個性を認め合う風潮があるアメリカのエンタメ業界では、彼女のそういうところがむしろポジティブに評価されるのではないかと思います。

ゆりやんさんの持ちネタの中に、アカデミー賞のようなセレモニーの舞台上でインチキ英語でスピーチをするネタがあります。彼女の将来の夢は、本物のアカデミー賞でスピーチをして、「ネタと同じことやってるやん」と思われることだそうです。

ゆりやんさんの潜在能力を考えると、これは決して実現不可能な絵空事ではありません。きらびやかなドレスを身にまとい、アカデミー賞の舞台に立って全米を沸かせる最初の日本人コメディアンは彼女なのかもしれません。

ラリー遠田 作家・ライター、お笑い評論家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

らりーとおだ / Larry Tooda

主にお笑いに関する評論、執筆、インタビュー取材、コメント提供、講演、イベント企画・出演などを手がける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)など著書多数。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT