「一つの中国」は歴代為政者が夢見た幻想共同体

「香港暴動」は長い中国の歴史を象徴している

中国の人口分布の南北比は、14世紀を境に大きく転換します。それまでは一貫して南方・江南の人口が増え続けていました。長江流域の経済開発に伴う動きです。ところが、15世紀以降は一転して、北方・中原の比率が上がり始めるのです。南方が衰退して北方が発展したというわけではありません。そもそも南北という分け方の比重が小さくなってきたからです。

これは「14世紀の危機」に始まる中央アジア・遊牧世界のプレゼンス低下、およびそれと反比例した海洋世界の比重増大を示しています。とくに16世紀の大航海時代以降になると、ヨーロッパ・日本との貿易が中国の沿海地域を発展させました。

南北の差異がなくなったわけではないのですが、それ以上に海に近い東側ほど栄えて、西側の内陸ほど取り残される事態のほうが進展しました。つまり、南北より東西の格差が顕著になっていたのです。

この構図は、当時から現在までずっと続いています。東側ほど先進的で、西側ほど後進的だという状況は、例えば18世紀と現代とを比較しても、大きな差がみられないのです。

西欧の影響で「国民国家」を目指す

つまり大航海時代の影響で、中国は南北の違いに加えて東西格差も生まれ、空間的にいっそう多様化し、バラバラになったのです。また社会的な格差でみても、従来の「士」「庶」の二元的な構造に加え、両者の間にさまざまな資格・階層の人々が割り込むようになり、中国社会はますます多元化・複雑化しました。

ちなみに日本は、地域構造も社会構造も歴史的にみれば、非常に単一的均質的です。だから西洋近代に直面した際、国民国家の形成も容易でした。そういう日本人の感覚からみると、中国社会は想像を絶するほど複雑怪奇です。

日本の中だけをみていれば、日本は多様だといえるかもしれません。日本史の研究では、そういう議論も盛んです。しかし中国やアジア諸国の多元性に比べれば、物の数ではありません。

とくに17世紀以降、この問題はいよいよ顕在化してきます。言い換えるなら、モンゴルの撤退後、明朝以降の中国の歴史は、このバラバラな社会でいかに秩序を保って共存を図るかという、時々の政権による腐心の歴史でもあるということです。

明朝から中国の統治をバトンタッチした清朝の時代、とりわけ18世紀には、中国のみならず東アジア全域の統合・平和が成し遂げられたかのように見えました。清朝はひとまず多元共存の体制構築に成功したのです。

次ページ近代と清朝的システムの限界
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT