一緒に働く"外国人"に難なく仕事を教えるコツ

「あいまいな日本語」はこう具体的にしよう

ただ、日本語がネイティブではなかったり、文化・習慣の違う外国人スタッフの場合、“やってほしい行動”を正確に伝えるためには、さらに少しの工夫が必要になります。

私たちの“ふだんどおりの日本語”では十分なコミュニケーションがとれない相手に“やってほしい行動”を正確に伝えるためのコツをお伝えしましょう。

在留外国人との会話に必要なのは英語ではない

“外国人との会話”というとすぐに「英語」を連想しがちですが、日本で暮らす外国人の実態を知ると、必ずしも「英語」が万能ではないことがわかります。

(出所)『行動科学を使ってできる人が育つ 教える技術 外国人と働く編』より

2017年6月末時点での在留外国人の出身国(地域)および公用語を人数の多い順に並べると、1位が中国の28.8%、2位が韓国の18.3%、3位はフィリピンの10.2%、4位がブラジルの7.5%、5位がベトナムの9.4%、6位がネパールの3.0%、そして7位にやっと米国の2.2%がランキングしており、“英語が公用語でない国”の人が非常に多いことがわかります。

また別の調査で、在日外国人約1700人に“母語(幼児期に最初に覚えた言語)以外で日常生活に困らない言語”を複数回答してもらったところ、日本語が70.8%だったのに対し、英語は36.8%だけでした(2009年:国立国語研究所「生活のための日本語:全国調査」)。

さらに、文化庁の「日本語に対する在住外国人の意識に関する実態調査(2001年実施)」「日本語教室に通っている16歳以上の在住外国人への調査」によると、日本で暮らす外国人の多くはローマ字よりもひらがなやカタカナのほうが読めるという結果も。

(出所)『行動科学を使ってできる人が育つ 教える技術 外国人と働く編』より

こうして見ていくと、「外国人スタッフと共に働くためには、とにかく英語を勉強しなければ!」という考え方が、少々的外れであることがわかります。だからといって、韓国語やベトナム語、ポルトガル語など、それぞれのスタッフがいちばん得意とする言語をマスターするというのも、非常に困難なこと……。

そこで、職場での公用語は“やさしい日本語”にしようというのが、私からの提案です。

近年、多方面で使われはじめている「やさしい日本語」とは、日本語に不慣れな外国人にわかりやすいように、“難しい単語を使わない”“表現をシンプルにする”など、さまざまな工夫をした日本語のことです。

次ページ研究や活用が最も進んでいるのは防災・減災の世界
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。