一緒に働く"外国人"に難なく仕事を教えるコツ

「あいまいな日本語」はこう具体的にしよう

したがって、次のように表現するのが望ましいでしょう。

「なるべく早く仕上げてください」
「今日の夕方5時までに」「明日の昼休みまでに」といった具体的な締め切りを伝えましょう。
「きれいに掃除しましょう」
例えば、もしちりひとつ落ちていない環境を求めるのであれば、実際にやって見せながら、掃除道具の使い方や“きれいに掃除できた状態”をはっきりと示し、「このように、床のほこりと髪の毛がすべてなくなったら完了。部屋の四隅にほこりが残っていないことも確認してください」と指示しましょう。
「ちゃんと丁寧に取り扱ってね」
例えば、「片手でつかみ、反対の手で下から支えます。体を揺らさないように台のところまで移動し、コツンと音をさせないよう、静かに置きます」というふうに行動を分解して説明すれば、自ずと丁寧な扱いになるでしょう。

「正しくできている」ことを伝える

もう1つ付け加えると、過剰なまでの丁寧語や謙譲語も“やってほしい「行動」”をわかりにくくしています。

例えば、アメリカで道路工事による片側交互通行を実施しているとき、運転手に対して係員が言うのは「Stop!」「Go!」といういたってシンプルな言葉。

これが日本だと「大変ご迷惑おかけして申し訳ありませんが、少々お待ちください」「お待たせしました。ご協力ありがとうございます!」となるわけです。

この丁寧な対応が、日本人の魅力ではあるのですが、“「行動」をわかりやすく伝える”という目的からは外れます。

「いったん停止をお願いします」「お通りください」くらいの表現だと、丁寧さとわかりやすさのバランスがよいかもしれませんね。

さて、やってほしい「行動」を具体的に伝えることができたら、さらに1つ大事なポイントがあります。

『行動科学を使ってできる人が育つ 教える技術 外国人と働く編』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

それは、正しい行動ができていたら「正しくできています」と本人にはっきり伝えること。

日本では、できていないときには指摘するけれど、できているときには言葉にしない傾向があり、「何も言われないということは、合ってるということ。そのくらい察しなさい」なんて公言しているマネジャーもいますが、はっきりと言わなければ、とくに外国人は「合っていないのかな!?」と戸惑ってしまいます。

日本人スタッフにも、「合っている」というメッセージははっきり伝えるべきです。また、当然ながら正しい行動ができていない場合は、「そうではなく、このようにしてください」と正しい行動を教えましょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング