一緒に働く"外国人"に難なく仕事を教えるコツ

「あいまいな日本語」はこう具体的にしよう

したがって、次のように表現するのが望ましいでしょう。

「なるべく早く仕上げてください」
「今日の夕方5時までに」「明日の昼休みまでに」といった具体的な締め切りを伝えましょう。
「きれいに掃除しましょう」
例えば、もしちりひとつ落ちていない環境を求めるのであれば、実際にやって見せながら、掃除道具の使い方や“きれいに掃除できた状態”をはっきりと示し、「このように、床のほこりと髪の毛がすべてなくなったら完了。部屋の四隅にほこりが残っていないことも確認してください」と指示しましょう。
「ちゃんと丁寧に取り扱ってね」
例えば、「片手でつかみ、反対の手で下から支えます。体を揺らさないように台のところまで移動し、コツンと音をさせないよう、静かに置きます」というふうに行動を分解して説明すれば、自ずと丁寧な扱いになるでしょう。

「正しくできている」ことを伝える

もう1つ付け加えると、過剰なまでの丁寧語や謙譲語も“やってほしい「行動」”をわかりにくくしています。

例えば、アメリカで道路工事による片側交互通行を実施しているとき、運転手に対して係員が言うのは「Stop!」「Go!」といういたってシンプルな言葉。

これが日本だと「大変ご迷惑おかけして申し訳ありませんが、少々お待ちください」「お待たせしました。ご協力ありがとうございます!」となるわけです。

この丁寧な対応が、日本人の魅力ではあるのですが、“「行動」をわかりやすく伝える”という目的からは外れます。

「いったん停止をお願いします」「お通りください」くらいの表現だと、丁寧さとわかりやすさのバランスがよいかもしれませんね。

さて、やってほしい「行動」を具体的に伝えることができたら、さらに1つ大事なポイントがあります。

『行動科学を使ってできる人が育つ 教える技術 外国人と働く編』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

それは、正しい行動ができていたら「正しくできています」と本人にはっきり伝えること。

日本では、できていないときには指摘するけれど、できているときには言葉にしない傾向があり、「何も言われないということは、合ってるということ。そのくらい察しなさい」なんて公言しているマネジャーもいますが、はっきりと言わなければ、とくに外国人は「合っていないのかな!?」と戸惑ってしまいます。

日本人スタッフにも、「合っている」というメッセージははっきり伝えるべきです。また、当然ながら正しい行動ができていない場合は、「そうではなく、このようにしてください」と正しい行動を教えましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。