「ペットと住めるグループホーム」の真価とは

精神障害者の置かれる状況は「待ったなし」

みんなから「たっちゃん」と呼ばれている22歳の渡辺さん(仮名)は、入院していた病院でパンフレットを見て、「ワンちゃんと暮らせる!」と、即入居を決めたという。

千葉県内のグループホームに暮らす、推定年齢6歳のみりんちゃん(筆者撮影)

「仕事から帰ってくると、『おかえり』と迎えてくれるようで、とても癒されます。みーちゃん(みりん)のほうも、僕がいるとうれしいみたいで、休みの日なんかはそばで安心して寝ています」(渡辺さん)

渡辺さんは運送会社で8時半から4時半まで事務管理の仕事についている。居住者が過ごすダイニングのそばが自室なのだが、間の障子を開け放って過ごすほど、開けっぴろげでフレンドリー。以前はよくてんかんの発作を起こしていたが、今のグループホームに暮らすようになってから、回数が少なくなったそうだ。

条件付きではあるが、その目的は果たされている

今回、男性、女性それぞれ1拠点ずつを見学しただけだが、それぞれストレスなく暮らせているように見えた。グループホームの目的は、困難を抱えた人が自立できるようになること。このグループホームに暮らしている限り、という条件付きではあるが、その目的は果たされているように思える。そして社会に溶け込み、人と支え合って暮らせるのなら、条件付きの自立でも構わないのではないだろうか。

なお、わおんグループホームの経営は、フランチャイズのような形で参画企業に任されるという。といっても、フランチャイズより自由度が高く、運営サポートが得られる独自の「レベニューシェア方式」を採用しているそうだ。

最低自己資金200万円程度から事業を始められる「ビーグルコース」から、800万円の「グレートデンコース」まで、4種類のプランが設けられている。

今、国内の障害者数は990万人、人口の8.2パーセントに上るという。そして藤田氏によると、今後増えていく可能性が高いそうだ。

今、世界的な課題となっているSDGsでは、地球上の動植物や、いろいろな個性を持つ人、すべてが共に生きられる持続可能な社会が目標となっている。福祉や支援についての考え方も変わりつつある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。