「座席鉄」厳選!ポイント別「いい席」のススメ

コンセントから乗り心地まで

「座席鉄」を自称する筆者が、旅を快適に楽しくする「よい座席選び」をポイント別に厳選!(撮影:安藤昌季)

筆者は乗り物ライターを生業としているが、鉄道の趣味趣向を分類するなら「座席鉄」である。「座席鉄」とは聞き慣れない言葉だと思うが、鉄道を中心とする乗り物の座席にこだわり、その居住性を楽しむという鉄道趣味である。乗り物に乗る場合、接している時間が最も長いのは外観ではなく、座席を中心とした居住性の部分である。だから「座席」にこだわることは、旅を快適に楽しくするすべだと考えている。

「座席鉄」ではない皆さまも、例えば映画館に映画を見に行く際には、座席選びにこだわったりはされないだろうか。どの席ならスクリーンが見やすいのか、お手洗いに行きやすいのか、など考えられるのではないかと思う。乗り物もまったく同じであり、座席選びには意味があると考える次第である。

新幹線や特急列車の「よい座席選び」

何をもって「よい座席」とするのかは、乗車する人の条件でも異なる。例えば東海道新幹線普通車にビジネスで乗車して、車内でノートパソコンを使いたい場合と仮定してみよう。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

この場合、望ましいのは「電源とテーブルの確保」である。東海道新幹線は、ほぼ全列車がN700系新幹線で運行されている。この車両は、近年の新幹線車両の大半と同じく、窓側のA席、E席に近い側壁と、車端部のデッキと接した最前列、最後列の壁面にコンセントが設置されている。

つまり、2人掛けの通路側と、3人掛けの通路側、真ん中の席を確保した場合は、電源の確保が難しいということになる。理論的には窓側の人に声掛けをした上で、トリプルタップと延長ケーブルを用意して自席まで伸ばすこともできようが、実行にはなかなか勇気が必要である。

つまり、インターネット予約、もしくはみどりの窓口で「電源のある座席を選んで指定する」のが望ましいということになる。1人の出張ならこれでいいのだが、電源のある席が満席のとき、あるいは1人ではなく、3~4人で乗車するとしたら、また違ってくる。

次ページコンセントを装備した普通車両も増加中
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。