山里亮太「一流女優との結婚」に違和感ない理由

女優・蒼井優の心をつかんだ「努力の天才」

南海キャンディーズのしずちゃん(写真:時事通信フォト)

当時の若手お笑い界では今よりもさらに男女コンビが少なかったため、男女コンビというだけで目立つという計算がありました。

また、しずちゃんは前のコンビのときからその大柄な見た目とマイペースなキャラクターで異彩を放っていました。

下ネタをボソッと言って笑いが取れる稀有なタイプの女性芸人だったのです。

転機となった「ツッコミへの転向」

山里さんは前のコンビではボケを担当していたのですが、しずちゃんの強烈な個性を生かすため、自分は引き立て役のツッコミに回ることにしました。これが山里さんの芸人人生の転機になりました。

南海キャンディーズの漫才では、しずちゃんの放つボケで笑いが起こった後、山里さんの「感想ツッコミ」でさらにもう一度笑いが起こります。普通の漫才ではボケとツッコミが一体となって笑いを起こすものです。二種類の笑いが波状攻撃で襲いかかってくるこのシステムは画期的でした。

そして、これは山里さん自身にも手応えがありました。もともと自分に自信のない山里さんは、自ら前に出てボケたりツッコんだりすることがそれほど得意ではありませんでした。

でも、誰かが何かを言った後に、そこに言葉を付け足したり、反応したりすることで笑いを生むことは得意だったのです。その後、テレビに出てからも、山里さんは受け身に徹するスタイルで笑いを起こしていきました。

一歩引いている山里さんの姿勢は謙虚にも見えますが、実は矢面に立たずに生き延びるための戦略でもあったのです。テレビでMCを務めるときにも、山里さんは他人の話をよく聞いていて、その内容を踏まえて瞬時に言葉を返していきます。それは番組を仕切るMC向きの資質でもあったのです。

山里さんはどちらかと言うと計算高い人間です。でも、世間であまりそういうふうに思われていないのは、彼が計算高さを感じさせないほど圧倒的な努力もしているからでしょう。スタッフや共演者にもそういうところが信頼されているのだと思います。

次ページ山里亮太ほど「欲深い芸人」はいない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。