iPhoneのアプリは新世代でここまで進化する

「iTunes終焉説」はミスリードだ

アメリカ時間6月3日、WWDC19の基調講演で「iOS 13」の紹介をするバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギ氏(筆者撮影)

アップルがアメリカ時間6月3~7日、カリフォルニア州サンノゼで開催している世界開発者会議「WWDC19」では、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、Macといった主要製品向けの最新ソフトウェアが発表された。

会場に詰めかけた開発者は、アプリ開発に活用できる新しいソフトウェアや、開発者向けキットについて熱心に学び、新しいアイデアを練っている。それだけでなく、開発における課題や要点を、アップルのエンジニアに直接質問する貴重な機会が与えられていることが、最大の目当てとなる。

そうして作られたアプリを配信するのが「App Store」だ。

App StoreはApple Watch向けにも

iPhone向けiOS 13と、新たに追加されたiPad向けiPadOS 13におけるApp Storeアプリそのものの進化は小幅なものだ。

最も大きな変化は、秋から始まるゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」への対応だ。Apple Arcadeは、iOS 13の新機能の1つとしてスタートするとみられる。

まだ月額料金は発表されていないが、100以上の新作ゲームを広告なし、追加課金なしで、しかも手元にあるiPhone・iPad・Mac・Apple TVで楽しめる仕組みを提供する。ダウンロード型なので、インターネットに常時接続できないWi-FiのみのiPadや、先月刷新されたiPod touch(第7世代)でも、ゲームを楽しめる。

ユーザーにも関係する変化は、アプリのサイズがより小さくなったことと、ダウンロードサイズの拡大だ。

iOSアプリのデータサイズを、最初のダウンロード時で最大50%、アップデートのダウンロード時で最大60%縮小することができるとした。またアプリの起動も最大2倍に高速化される。つまり、ユーザーは、アプリのダウンロードから日々の起動まで、時間を大幅に短縮できる。

加えてApple WatchアプリがiPhoneアプリから分離され、独立したApp Storeが立ち上がった。Apple Watchユーザーは手元の時計で直接アプリを探してダウンロードすることができるようになる。

しかしiPhone・iPad・MacのApp Storeとは異なる見せ方をする。

次ページ「アプリ紹介記事」はどうなる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。