広告業界「万年3位」ADKは今どうしているのか

上場廃止から約1年、大変革期を迎えている

人気を博した「妖怪人間ベム」は「BEM」に。原作はADK、今年夏に新作アニメーションが放送される予定だ(写真:ADKエモーションズ)

広告業界3位のADKホールディングスが、大きな変革期を迎えている。

ADKは1999年に旭通信社と第一企画が合併して誕生した。扱い高は電通、博報堂DYホールディングスに次ぐ3位だが、大きく離れた「万年3位」。合併直前の1998年に世界最大の広告会社・英WPPグループと資本業務提携したものの、大手2社との距離が縮まることはなかった。

世界最大手との提携をようやく解消

転機となったのが、2017年秋に実施した株式公開買い付け(TOB)だ。目的の1つはWPPとの提携解消。WPPはADKに約24%を出資する筆頭株主だったが、両社の関係は冷え切っていた。とくに2008年秋、リーマンショックのあおりからADKの業績が低迷すると、「WPPは提携先ではなく、物言う株主(アクティビスト)に変わった」(ADK幹部)。WPPがADKの株主総会で会社提案に反対票を投じ、薄氷を踏む採決になることもあったという。

別の幹部は「デジタル化が急速に進む中、WPPとの問題ばかりに時間を浪費していた」と振り返る。そうした中、ADKはアメリカ・ファンド、ベインキャピタルと組みTOBに踏み切る。当初WPPはTOBに反対していたが、総額約1500億円をかけたTOBは無事成立、2018年3月にADKは上場廃止となった。

上場廃止からおよそ1年、ADKはどんな企業に変わろうとしているのか。

少なくとも目に見える変化が2つある。1つは、外部からの多くの人材がADKに加わったことだ。顕著なのが、経営陣だろう。ADKの現在の執行体制を見ると、外部からの登用が目立つ。

全社的な構造改革を担うCTO(チーフ・トランスフォーメーション・オフィサー)は、電通からベインキャピタルに転じた稲田博樹氏。財務戦略を担うCFOは、米証券大手メリルリンチからスマホゲーム大手のグリーを経て入社した秋山仁氏。そしてデジタル戦略を率いるCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)には、電通で10年来デジタル戦略を手がけてきた大山俊哉氏が就任した。

次ページ人材の売り込みが多くなった
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。