吉田カバンと土屋鞄はこんなにも進化している

軽量化や防水が進み、「リュック」も充実

ランドセルで有名な土屋鞄製造所も、2018年、水に強い「Plota(プロータ)」というシリーズの男性向け革カバンに新色を投入した。同社は革カバン専門メーカーだ。一般に、革素材は水に弱く、濡れるとシミになったり、水ぶくれとなったりするデメリットがある。

「この製品で取り入れたのが『防水ファインレザー』という素材です。革の表面にコーティングするのではなく、強力な防水材を繊維にまで浸透させました。防水や防油性を持たせつつ、 天然皮革が持つ質感を保つようにしています」(広報担当・前田由夏氏)

ビジネス現場では重要な役職を務める女性も増え、「プレゼンテーションの場でも持参できるカバンが欲しい」という要望も、同社に寄せられたという。

「そこで、女性向けには『HINON(ヒノン)』という別シリーズを開発。こちらも“雨にも負けない仕事鞄”としてご案内しています」(同)と話す。

「ストレスの少なさ」も重視

小物が増えると、収納や出し入れがスムーズにいかないときもあるだろう。とくに男性は、カバンのポケット別に財布や携帯などを分けて収納する人が多い。

「例えば一般的な金属製ファスナーは、向きによって開けにくくストレスがかかる時もあります。また、定期入れや名刺入れを収納するポケットの口元のステッチ(縫い目)に引っかかることもある。混雑する駅で、改札が近づいて定期入れを出そうとして引っかかると、気持ちが焦ると思います」(吉田カバン・阿部氏)

「それを避けるために当社のカバンには、ファスナーのエレメント(務歯)を一つひとつ研磨して滑りをよくし、開け閉めの際にストレスの少ない高級ファスナーのエクセラを使用したり、ポケットの口元にステッチを出さないタイプもあります」(同)

混雑する電車の車内でリュック愛用者のマナーを批判する声は目立つが、「以前よりは洗練してきた」という声も聞く。例えば背負わずに前掛けで乗る人はかなり増えた。そうなると、前掛けでもカッコいいカバンを開発する企画もあるだろう。

国内のカバン市場は「1兆1000億円弱」で推移している。矢野経済研究所が発表した「国内鞄・袋物小売市場」の調査では1兆0942億円(2017年度見込み)だった。この10年の同調査では一時9000億円を割り込んだが、再び回復基調にある。

低価格のカバンを選ぶ人、数万円以上のカバンを選ぶ人などさまざまだが、高額のカバンや日本製の品質のよいカバンは、インバウンド(訪日外国人客)にも人気だという。

ちなみにカバンの売れ筋の色は、男性では「ブラック」が圧倒的だ。「男性向けで売れる商品の8割以上が黒色」というメーカーもある。吉田カバンのように、遠目には黒に見えても、近くで見ると微妙な色合いになっていたり、迷彩柄を用いたデザインで訴求したりするケースもある。細部にこだわり、他人と差別化したい人に人気だ。

こうして考えるとカバンは、入れる荷物、使い勝手、軽さ、丈夫さ、デザイン性などの視点、そして「納得価格」かどうかで選ばれるようだ。カバンに対する思い入れは人それぞれ。今日の自分の行動に合わせて使い分ける人もいれば、気にしない人もいる。

最近はスーツケースを引く人も増え、当たっても痛くない素材を開発するメーカーもある。使う人の意識の問題も大きいが、メーカーなりに対策を立てているのが現状のようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT