多い?少ない? マスコミ報道を通じて景気判断をしている人の割合は43%

多い?少ない? マスコミ報道を通じて景気判断をしている人の割合は43%

日銀は全国の20歳以上の個人4000人を対象に、3カ月ごとの世論調査(生活意識に関するアンケート調査)を実施している。直近の昨年12月調査(有効回答2381人)によると、1年前と比べて景気が「よくなった」と考える人から、「悪くなった」と考える人を差し引いた、景況感DIはマイナス81.9で、前回調査(昨年9月)に引き続き、調査開始以来最低の数字となった。企業業績だけでなく、個人でも景気の悪化は身近なものとなっている。

ではそうした景気判断は何を根拠にしているのか。この調査では、その判断材料についても聞いている。「自分や家族の収入の状況」「勤め先や自分の店の経営状況」「マスコミ報道を通じて」が上位3項目(2つまでの複数回答)だが、このところ増加が著しいのが、「マスコミ報道」だ。

景気が後退局面入りしたとみられる2007年12月調査時以降、その割合が上昇している。07年9月調査時は、19.5%すぎなかったが、08年12月調査には43.3%と過去最高を記録し、「自分や家族の収入の状況」を抜いてトップとなった。また同期間に10.0%から20.2%へと倍増した「景気関連指標、経済統計をみて」というのも、実際には報道を介してのケースが少なくないはずだ。

個人の景況感が従来以上にマスコミ報道の影響を強く受けているとみられる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT