1億人が熱中する中国 「共産党アプリ」の正体

開発したのは、あの巨大IT企業?

一見すると単なるニュースアプリのようだが…(撮影:編集部)

学習強国(シュエシーチアングオ)」という中国アプリをご存じだろうか。中国共産党のプロパガンダ機関である中央宣伝部が今年はじめにリリースした政治教育アプリで、習近平国家主席の発言や思想、政策情報などの政治ニュースが毎日配信される。ユーザーが頻繁にログインしたり、政治に関するクイズに正解したりするとポイントがたまるほか、ニュースをシェア・コメントするSNS機能も持つ。

コンテンツは政治だけでなく、経済や地方に関するニュースからサイエンス分野や新作映画のレビューなど、多種多様だ。一見すると日本のスマートニュースやグノシーといったニュースアプリのようだが、コンテンツの総合プラットフォームを目指しているといえる。

アプリのダウンロード回数で中国トップに

今年1月1日のリリースからしばらくの間、中国アプリのダウンロード回数ランキングで1位をキープ。登録ユーザーは4月に早くも1億人を突破した。2017年末時点の中国共産党員は約9000万人であり、党員以外のユーザーも多いと見られる。

「学習強国」という名称は、昨年末に習主席が「学習の姿勢を尊重し、学習を強化すべき」と発言したことに由来するという。1月中旬には、党機関紙である『人民日報』がコラムの中で、「『学習強国』は習近平新時代における中国独自の社会主義思想に関する最も権威があり、全面的な情報プラットフォームになった」と評論。習近平政権の、国民からの求心力を高めたいという思惑は一目瞭然だ。「学習」の2文字には、「“習”主席に“学”ぶ」という意味も隠されている。

北京にある大型書店の政治教育専門コーナー(筆者撮影)

世界第2位の経済大国となった中国は、国民の生活や嗜好が多様化する中でも共産党による支配体制を維持すべく、政治教育に注力し続けている。従来は大型書店に政治教育の専用コーナーを設置し、国家主席の思想に関する書籍をずらりと並べるなど、オフラインでの政治教育が中心だった。

次ページ開発企業をめぐり憶測が飛び交う
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT