NY市場の人民元、昨年12月以来の安値に

米中貿易摩擦激化で、ドル円は109円台前半

 5月13日、終盤のニューヨーク外為市場では、中国人民元が対ドルで下落し、昨年12月以来の安値となった。米中貿易摩擦の激化が背景。2017年6月撮影(2019年 ロイター/THOMAS WHITE)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、中国人民元が対ドルで下落し、昨年12月以来の安値となった。米中貿易摩擦の激化が背景。

中国は13日、米国からの600億ドル相当の輸入品に対する追加関税を最大25%に引き上げる方針を発表した。米政府が10日に発表した対中関税引き上げに対する報復措置で、米中貿易摩擦は一層エスカレートする様相を呈している。

人民元<CNH=>は6.92元と昨年12月24日以来の安値を付けた。1ドル=7元への急落を防ぐため中国当局が介入するとみられている。

また米中間の緊張感の高まりを受け、中国による米債売却の懸念が浮上。これによりドルは円やスイスフランなど安全通貨に対して下落した。対ユーロでも一時下落したが、その後、ほぼ変わらずまで値を戻した。

CIBCキャピタル・マーケッツの北米外為戦略部門責任者、ビパン・ライ氏は「中国は米国債を大量に保有している。この事実が市場をやや脅かし、ドルの取引が他の一部主要通貨に対して消極的になっている」と述べた。

またトランプ米大統領が自動車・自動車部品に追加関税を発動するかについても注目されている。

トランプ氏は2月に通商拡大法232条に基づく自動車関税報告書を商務省から受け取っており、これに基づく90日の検討期間が18日に終わる。

ライ氏は「期限延長が見込まれているが、そのような兆しがない場合、株価が今週、やや売られるかもしれない」と述べた。

ポンド/ドルは2週ぶりの安値に下落。欧州連合(EU)離脱交渉の与野党合意を巡る懸念が重し。

 

 

ドル/円 NY終値 109.30/109.31

始値 109.66

高値 109.66

安値 109.03

ユーロ/ドル NY終値 1.1223/1.1225

始値 1.1234

高値 1.1265

安値 1.1223

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。