中韓米で急拡大、ユニクロは海外でも強い

ファーストリテ、9―11月期は最高益

1月9日、ファーストリテイリングが発表した2013年9―11月期の連結営業利益は、前年同期に続き過去最高益となった。写真は2012年、都内で撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 9日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>が9日発表した2013年9―11月期の連結営業利益は、前年同期に続き過去最高益となった。積極出店を続ける海外ユニクロ事業がけん引したほか、国内ユニクロ事業も高単価商品の販売好調から利益率が改善した。

9―11月期の連結売上高は前年同期比22.3%増の3890億円、営業利益は同13.1%増の640億円になった。営業利益の通期予想に対する進ちょく率は41%。前年同期の通期実績に対する割合は42.5%だった。

利益は海外強含み・国内弱含み

204年8月期の営業利益予想は前年比17.4%増の1560億円で据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト23人の予測平均値1553億円と同水準になっている。各セグメントの計画も変更していないが、岡崎健グループ上席執行役員・CFOは会見で「消費者の価格への感応度は依然として高く、国内ユニクロは利益的には弱含みになる。海外は強含みで、総じてみると予想通り」と述べた。

連結売上高は、期初発表時に本来連結上消去されるべき内部取引80億円が含まれていたとして、1兆3300億円から1兆3220億円へと修正した。

消費増税時の価格については、本体価格を維持しながら、増税分3%は転嫁する方針を明らかにした。

次ページ新たに4人の外国人
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT