「闇金ウシジマくん」作者が見た平成格差社会

テレクラ、情報商材を通して見えたもの

――マンガの「フリーエージェントくん」編に登場した人たちのようですね。時給900円の人材派遣で働き、将来不安に駆られる若者が情報商材(ネットやセミナーを通じて金儲けのノウハウを商品として販売する商法)にのめり込んでいくストーリーでした。

2013~14年に掲載された「フリーエージェントくん」編。ネットビジネス業界の風雲児「天生翔」は、「秒速で1億円稼ぐ男」の与沢翼氏がモデルとされる(©真鍋昌平/小学館)

そういうつもりで描いた。でも情報商材の人たちがここまで世の中に浸透して、勢いが続くとは思っていなかった。(情報商材ビジネス界の象徴的存在である)与沢翼さんのように、目立つ形で表に出てくる人たちは減ったかもしれないけど、多くの人が情報商材ビジネスをやっている。

また、情報をうまく捉えることができる人とそれができない人の間での落差が大きくなっている。

「17 Live(イチナナ)」というアプリでライブ動画を配信している女の子と最近会った。イチナナでは、動画を見てくれた人が送る「ギフト」というものを通じて報酬を得ることができる。彼女は普通の大学生だったけれど、動画投稿アプリの「TikTok」(ティックトック)でフォロワーをたくさん作っていたことで、イチナナを始めたら毎月100万円を稼げるようになった。

東洋経済オンラインに連載されている「貧困に喘ぐ女性の現実」を興味深く読んでいる。そこに出てくるような不幸の連鎖の中にあったり、売れなくても風俗・キャバクラで頑張っていたりする女性がいる反面、稼げる情報をうまく捉える女の子がいるのも今の時代だ。

心のバランスがどこか崩壊した女の子

――動画を見てお金を出す人がそれだけいるのも驚きです。

ギフトを送ることで、寂しさや孤独を紛らせようとしている人たちが多くいるということではないか。ただ話を聞いた女の子は、酔っ払うと、ギフトを送ってくれる人たちを馬鹿にして罵倒していた(笑)。それなのにイケメンが「ちょっとおっぱい出してよ」と頼んだら、すぐにブラジャーを外す。彼女を紹介してくれたのがそのイケメンだ。

この女の子は心のバランスがどこか崩壊している。「誰かに承認されたい」という欲求が強くあると話していた。でも水をどれだけ飲んでも、それが海水ならば、のどの渇きは癒やせない。彼女がイチナナで行っているのはそれと同じ。だけど、心が満たされなくても飲み続けるしかないと言っていた。

次ページ「テレクラくん」編ではテレクラに1日中いた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT