グーグルの廉価版スマホ・新「Pixel」は売れるか

スペック抑え半額実現、気になるカメラ性能

米グーグルのハードウェア担当上級副社長、リック・オスターロー氏は、新型低価格スマートフォン「Pixel 3a」でスマホ事業を再び上昇気流に乗せたい考えだ(記者撮影)

「性能では一切妥協していない。それでいて、半額の価格を実現した」

5月7日、グーグルの年間最大となる開発者会議「I/O」がアメリカ・カリフォルニア州マウンテンビューで開幕した。目玉の1つとなったのが、開催前から多くの情報が流出し、注目を集めた新型低価格スマートフォン「Pixel(ピクセル)3a」だ。主としてハードウェアのスペックを下げたことで、価格を大幅に抑えた。同社ハードウェア担当のリック・オスターロー上級副社長は冒頭のように述べ、期待感をあらわにした。

日本国内では5月8日からグーグルの通販サイト上で予約を開始し、5月17日に発売される。気になる価格は通常サイズの3aが4万8600円、大画面の「3a XL」が6万円(いずれも税込み)という設定だ。昨年11月に日本でも発売された「ピクセル3」が9万5000円~、大画面版の「ピクセル3 XL」が11万9000円~だったのと比べると、半値近い。

売れない「旧型ピクセル」

ピクセルの売れ行きは芳しくない。4月29日に行われたグーグルの親会社アルファベットの2019年1~3月期決算では、ピクセル3が未発売だった前年同期と比べ、ピクセルの売り上げが減少したことが明らかになった。

同社のルース・ポラットCFO(最高財務責任者)は、「プレミアムスマホ市場における昨今の競争激化により、業界全体で激しい販促活動が行われたことが原因だ」と説明。スマホの値下げ合戦に巻き込まれていることを示唆した。直近ではアメリカのグーグル通販サイトでピクセル3・3XLの200ドルの値下げキャンペーンが行われるなど、値崩れが目立つ。

「スマホの価格はどんどん上がっている。2年前はフラッグシップ(旗艦製品)に位置づけられるプレミアムスマホは650ドル(約7万円)前後で売られていた。だが今同様のレベルのスマホを買おうとすると、1000ドルを超える。そうなると選択肢は2つだ。2年前に買ったものを使い続けるか、払える金額の中で少しスペックを落としたモノを使うか。そうした悩みに応えるためにピクセル3aを用意した」

アメリカ本社でピクセル事業のシニアディレクター、ナンダ・ラマチャンドラン氏は開発の狙いをそう語る。

次ページどのスペックを落としたのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT