福島除染に巣喰う、ホームレス取引と反社勢力

暴力団関係者の存在

弱者へのしわ寄せ

福島地域での除染作業に膨大な国費が投じられている一方、現場で仕事をするホームレス労働者は、その恩恵が及ぶどころか、逆に借金苦に陥る例もある。「多くのホームレス作業員は宿舎に入るが、そこで宿泊コストや食費が賃金から自動的に差し引かれ、月末には1銭も残らないということになる」とホームレス支援団体「仙台夜まわりグループ」事務局長でバプティスト教会の牧師である青木康弘は言う。

実際の待遇に期待を裏切られ、作業員が賃金未払い請求を起こす例も少なくない。兵庫県姫路市に本社をもつ周東興業もそうしたトラブルを抱えている業者の1つだ。同社は、政府による事業を請け負うため、佐々からホームレス労働者の提供を受けていた。

同社は復興事業の需要をつかもうと6000万円を投資。宮城県登米市にあったドライブインをがれき処理などの復興作業に従事する労働者の宿泊所に衣替えした。そして、最も汚染のひどい地域の除染作業について、環境省から2つの契約も確保した。しかし、同社は現在、雇用していた作業員から少なくとも2件の賃金未払い請求を受けていると、息子とともに同社を経営する金田富士子(70)は話す。

これとは別に、50代のあるホームレス作業員は、周東興業で1カ月働いたのに1000円ほどの支払いしかなかったという。ロイターが入手したこの作業員の給与明細によると、食費、住居、洗濯費用などとして1カ月約15万円が引かれたため、彼には昨年8月末時点での取り分は1000円程度しかなかった。

金田はこの男性が会社で働いていた事は認めつつも、待遇は正当だったと主張する。彼女によれば、周東興業は食費として1日3500円は差し引くものの、少なくとも8000円の日当を払っていたという。金田によれば、ある作業員は福島で仕事を始める前に200万円を前借りし、その負債は減ったものの、昨年末の休暇のため、さらに20万円の借金をしたという。「あの人は借金を返すことはできないでしょう」と彼女は言う。

復興作業の経験者である西山静也(57)は、周東興業で短期間働き、がれき処理の仕事をした事がある。今は仙台駅で段ボール生活をする身の上だ。同社を去ったのは賃金を巡ってもめたからだ、と彼は言う。これまで建設会社と賃金をめぐって対立したことは何度かあり、そのうち2つが除染作業を巡るトラブルだったと話す。

西山が仙台で最初に働いた業者は、がれき処理に日当9000円を支払った。しかし、食費と宿泊費には5000円が必要だった。働けなかった日も、日当がないのに食費や宿泊費は徴収された。結局、増え続く借金に追われるよりも、路上生活の方が暮らしは楽になると思い、西山はホームレスを選んだという。

「手配師にとって、ホームレスは簡単に狙える標的だよ」と西山は言う。「身の回り品をすべて持って、大きな荷物と一緒に動き回っていれば、すぐにホームレスだとわかる。手配師連中は、ホームレスを見つけると、職をさがしているのか、腹は減っていないか、と聞いてくる。もし、腹を空かしているとわかれば、彼らが仕事をくれるんだ」。

次ページ先見えない除染作業
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。