赤い電車「名鉄」、今振り返る昭和・平成の記憶

パノラマカーやお堀電車…懐かしの写真満載

パノラマカーは、当時の名鉄社長が渡欧のとき当時のイタリアの代表的列車「セッテベロ」を見て気に入り、わが社にも……と参考にしたなどと伝わっている。

イタリア国鉄のセッテベロ(筆者撮影)
「パノラマSuper」1000系の報道公開時の様子。隣を白帯のパノラマカーが通過していった(筆者撮影)

私はかつて旧国鉄の副技師長、星晃さんに「セッテベロのデザインは名鉄パノラマカーや国鉄『こだま』型のボンネット特急にも大いに参考になり、影響を与えている」と聞いた。ただ、展望はセッテベロよりパノラマカーのほうが格段に優れていた。

名鉄の前面展望型特急車両はその後、1984年に「パノラマDX」8800系、1988年に「パノラマSuper」1000系が登場した。どちらも運転席を1階、客席を2階にした構造だが、その頃には私鉄各社をはじめとしてさまざまな特急車両や展望車両が登場していたこともあり、初代パノラマカーほどの鮮烈な印象は受けなかった。

パノラマカーは2009年に全車が引退し、名鉄の線路上から姿を消して今年で10年になるが、これからも不朽の名車として語り継がれるであろう。

戦前生まれの流線形電車

かつての名鉄は、最新のパノラマカーが走っているかと思えば大正時代に製造された車両も現役、国鉄(JR)高山本線直通のディーゼル特急「北アルプス」もあるという「何でもあり」のような鉄道で、それゆえに鉄道ファンの注目を集めていた。

その中でも目立っていたのは戦前生まれの流線形電車850系と3400系だ。名鉄は1935年に名岐鉄道と愛知電気鉄道の2社が合併して発足したが、当初は線路がつながっておらず、850系は旧名岐側の押切町(名古屋)―新岐阜間、3400系は旧愛電側の神宮前―豊橋間の特急用としてどちらも1937年に登場した。

その形から850系は「なまず」、3400系は「いもむし」と呼ばれて鉄道ファンに親しまれた。ただ、かつてはそのような呼び名はあまり聞かなかったように思う。

次ページ「なまず」と「いもむし」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT