昔は構内に浴場も!「名古屋駅」大変貌の歴史

6階建てから高層ビルへ、リニアでまた変化

昭和の名古屋を象徴する名古屋駅の3代目駅舎(筆者撮影)

私は福井県武生市(現・越前市)の生まれだが、青春時代を名古屋で過ごした。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

初めて名古屋を訪れたのは中学3年生の時、武生からキハ55形ディーゼルカーの準急列車「しろがね・こがね」に乗って米原経由で名古屋に着いた。当時、名古屋駅にはまだ蒸気機関車の煙が見られた。初めて乗った地下鉄東山線は「池下」までの営業で、当時のキャッチフレーズは「夏涼しい地下鉄」だった。初めて名古屋駅から乗った特急列車は東京行「第一こだま」で、それ以来特急列車は私のあこがれとなり、今も当時と同じ気持ちで特急列車を撮り続けている。

名古屋駅は私が初めて体験した福井県外の駅で、その後もずっと心に残っている駅の1つである。今では高層ビル「JRセントラルタワーズ」が立ち、周辺も大きく発展した名古屋駅のこれまでを振り返ってみたい。

昭和の象徴「3代目駅舎」

3代目名古屋駅舎のコンコース。1970年代の様子(筆者撮影)

文献をひもとくと、名古屋駅は1887(明治20)年に現在より東京寄りの笹島交差点付近に「名護屋駅」として開業したのが始まりで、翌年「名古屋」に改称された。駅が現在の位置となったのは1937(昭和12)年。それまでの駅から北に200mほど移動し、地上6階・地下1階の堂々たる鉄筋コンクリート製の新駅舎が建設された。

3代目にあたるこの駅舎は1945(昭和20)年の名古屋大空襲による被災を乗り越え、国鉄からJRに変わった後の1993(平成5)年に現在の駅舎である「JRセントラルタワーズ」着工のため解体されるまで、大名古屋の玄関口として高い存在感を誇った。筆者が最もなじみ深い名古屋駅はこの3代目駅舎である。

次ページ「銭湯」「きしめん」と夜行列車
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT