赤い電車「名鉄」、今振り返る昭和・平成の記憶

パノラマカーやお堀電車…懐かしの写真満載

旧満鉄の気動車「ジテ」を改造した中国・撫順炭鉱の電車。前面デザインは「なまず」850系に近い(筆者撮影)

850系と3400系はどちらも流線形電車ではあったが、スマートさは3400系のほうが上だった。だが、850系は南満州鉄道(満鉄)の気動車「ジテ」の流れをくむ独特のデザインで迫力があった。昭和40年代初頭は緑色の塗装で、その後名鉄の標準色となった赤(スカーレット)に塗り替えられ、1988年まで活躍した。

3400系はクリーム色と茶色のツートンカラーで、1967年以降の車体リニューアルの際に、一時期クロスシート車の標準塗装だったクリーム色地に赤ラインの塗装となった。その後赤1色に塗り替えられたが、1993年に登場時の塗装を再現した緑色濃淡の塗り分けとなり、冷房も搭載して2002年まで走り続けた。

2ドア車から3ドア車へ

特別料金不要の車両としては日本初の冷房車だった5500系(筆者撮影)

名鉄には、パノラマカーのほかにも「日本初」があった。1959年に、特別料金不要の車両としては日本で初めて冷房を搭載して登場した「大衆冷房車」5500系だ。

昭和40年代後半~50年代は、この車両や1955年登場の5000系が急行や「高速」の主力として活躍していた。「高速」は1977年に登場した種別で、特急のうち座席指定でない列車を別の種別としたものだ。

ラッシュ対策として東急電鉄3700系を譲り受けた3880系。活躍の期間は短かった(筆者撮影)

この頃、1970年代半ばまでは、名鉄の車両は2ドアのクロスシート車がほとんどで、都市間高速輸送に重点を置いていた。だが、ラッシュの混雑激化に加えて折からのオイルショックによるマイカー通勤から鉄道利用への移行も進んだことから、1975年に助っ人として東急電鉄から3ドアロングシート車両の3700系を譲り受け、赤く塗り替えて3880系としてラッシュ輸送に投入した。大手私鉄間での車両の譲渡は非常に珍しかった。

その後は3ドア車の導入が本格的に進み、1976年には現在も活躍する6000系が登場。今では3ドアロングシート車がほとんどとなり、名鉄の車両ラインナップは大きく変化した。

次ページ名古屋城の外堀を走った瀬戸線
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT