「方言を話す人」がなぜか信用されやすいワケ

「口下手」でも、それを生かせば大化けする

「立て板に水」とは言いがたい独特のアクセントや節まわしがあるからこそ、そして彼らに人に訴えかけるだけの「言いたいこと」があったからこそ、人は彼らの言葉に吸い込まれていったのでしょう。

口下手を利用する

私の知り合いの社長さんは、栃木出身の方でした。長く東京で暮らしているのですが、言葉のお尻が上がるイントネーションが抜けることはありませんでした。

酒席でお話を聞くと、若いころはそれが恥ずかしくて口数が少なかった。口下手の典型のようだったそうです。

しかし、それがよかった。普通の人が、「大丈夫だから」とサラッと言うところが、「大丈夫だから」と尻上がりになる。すると、腹の底から「大丈夫」と言っているように聞こえるのです。

一言ひとことの間が大きかったり、「いやぁ〜」と言ったまま無口になる。それが、相手に何か深いことを考えている印象を与えます。

この会社の人とお会いして社長の話になると、みんなが社長の口ぶりを真似します。慕われていることがよくわかりました。

「恥ずかしがりだった私を変えたのは、昔の上司でね。『おまえは得だな、深く考えて発言しているように聞こえる』と言ってくれたんだ」

その社長さんは、私にこう教えてくれました。

以来、コンプレックスが一転。朴訥な語りと尻上がりのイントネーションで堂々と話すうちに、自分なりの語り口ができるようになったそうです。

自分を口下手だと思っているあなたの話し方にも、この社長のような魅力が必ずあるはずです。コンプレックスに感じているところが、逆に「味」や「個性」になります。心を込めて、本気で話せば、「立て板に水」の輩(やから)たちよりも人の心を揺さぶる力を持っているのです。

次ページ言葉に体重を乗せる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT