年収1億円「中華系販売員」が実践する超スゴ技

日本人と真逆発想でお金持ちの心を鷲づかみ

日本人はお金持ちを気持ちよくさせるのが下手すぎる。年収1億円以上稼ぐ中華系の販売員が実践する「共通の法則」とは?(写真:Stephen Chin Photography/PIXTA)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。私の暮らすシンガポールでは、大口のホールセール(法人向け)ではなく小口のリテール(個人向け)の金融ビジネスを担当する銀行員や保険外交員の中にも、年1億円以上のコミッション(契約手数料)を稼ぐ強者の販売員がいます。世界中の優れた金融プロフェッショナルの独立組織「ミリオンダラーラウンドテーブル」(MDRT)の会員に選ばれ、所属している人も少なくありません。

そんな億単位で稼いでいる中華系のセールスたちは、個人のお客様に対して、どのようなことをしているのでしょうか。実際に話を聞いたり身近に接したりするうちに、彼らが実践している「共通の法則」が見えてきました。その法則の中から、いくつかご紹介しましょう。

パーティーで出会った顧客候補と速攻で個別面談を約束

シンガポールで華やかなイベントやパーティーに出席すると、個人の中でも「エグゼクティブ」を専門にして、億単位のお金を稼いでいる中華系セールスと知り合うことがあります。

そんなとき、私が「ファイナンシャルプランナーをしています」と自己紹介するやいなや、「ぜひ個別にお目にかかりたいです!」とアポを申し込んでくる人がいます。私のことをエグゼクティブと間違えた理由は知りませんが、とにかく初めて会ったその場で、次回のランチの予定をブッキングしてしまうのです。

これが日本だったら、パーティーでは名刺交換するだけ、後のことは帰ってから……というパターンが大半でしょう。ところが、シンガポールの億単位を稼ぐセールスたちは、一味違います。「目ぼしいお客様」を見つけたら間髪入れずにアポ取りをするのです。若手のセールスの中には、名刺交換すら時間の無駄だと思っているのでしょう、すぐにビジネス特化型のSNS「リンクトイン」(LinkedIn)で詳細なプロフィールを交換してつながり、アポを入れてしまう人もいます。

次ページサービス金額を提示するときも、日本とは真逆の発想
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。