84%--2020年の人口が2005年を下回る市区町村の割合

84%--2020年の人口が2005年を下回る市区町村の割合

日本の総人口が長期減少過程に入る中、市区町村レベルでも人口減少傾向が広がっている。2008年12月1日現在の全国1805市区町村(1782市町村と東京23区)のうち、00~05年の5年間に人口が減少したのは69.0%だったが、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、この割合は10~15年に85.7%、15~20年では91.4%に達する。

さらに、20年の人口が05年のそれを下回る市区町村は全体の84.4%、2割以上の大幅な減少が見込まれる市区町村も19.0%に上る。逆に、1割以上増加する市区町村は2.3%。2割以上の増加は0.2%に過ぎない。人口規模では3万人以上の市区町村の割合が低下する一方、5000人未満が228から298へと増加するなど、小規模市区町村の割合が上昇する。
 また、年齢別人口の推移を見ると、20年の老年人口(65歳以上)が05年から5割以上増える市区町村は19.3%、75歳以上に限れば31.1%にもなる。

人口減少と高齢化は大都市圏の自治体でも急速に進行する。人口減少が全国で最も緩やかな首都圏1都3県の場合、20年の人口が05年を下回る市区町村は6割にとどまるが、同期間の老年人口の推移では浦安市(千葉県)の2.30倍(全国2位)、75歳以上では八潮・三郷・草加の3市(いずれも埼玉県)が約3倍(全国1~3位)となるのをはじめ、その増加ぶりは全国的に見ても突出している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。