東野幸治「毒舌でも仕事絶えない」卓越した視点 あの西野亮廣をほめ殺しにした「白い悪魔」

印刷
A
A

最近では「こじらせ芸人」「腐り芸人」などと呼ばれる芸人がバラエティー番組で取り上げられることが増えています。そういう人たちは世の中を斜めから見ていて、皮肉っぽいことを言ったりします。

東野さんもそのようなタイプだと思われがちですが、実はそうではありません。これまで述べたとおり、東野さんは誰よりもフラットです。ただ、あまりにフラットすぎて、むしろそれが普通の人からは異様に見えるくらいなのです。

そんな東野さんの面白さは最初のうちはなかなか理解されませんでした。東野さんはもともと大阪でダウンタウンの番組に出ていたのですが、彼が上京した後、「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)のレギュラーメンバーには入れませんでした。「協調性がない」と思われていたからです。冷たくて人間味がない感じがするので、そういうふうに思われてしまったのかもしれません。

のちに、東野さんはレギュラーに加わりました。そこではダウンタウンにイジられてひどい目に遭わされたり、プロレス企画で女性アイドルを痛めつけたりしていました。この番組で東野さんの才能が少しずつ開花していきました。

東野さんを「こじらせ芸人」だと思っていると、急にトライアスロンを始めたり、狩猟に興味を持ったりして、大人の趣味に手を出す東野さんに違和感があるかもしれません。でも、そうではないのです。東野さんは誰よりも真っすぐでフラットだからこそ、何にでも興味を持つことができるのです。品川さんの鼻につくキャラクターに引っかかったり、西野さんのアーティストのようなふるまいが気になったりするのと同じように、トライアスロンにも興味を持っているだけなのです。

知識とバランスを兼ね備えた「白い悪魔」

その冷静な目線は、笑いの要素が少ない情報番組を仕切るときにも役に立っています。東野さんは知識が豊富で、独自のバランス感覚があります。「ワイドナショー」では松本人志さんを含む個性豊かなコメンテーターの手綱を握って、鮮やかな仕切りを見せていますし、「教えて!NEWSライブ 正義のミカタ」「お笑いワイドショー マルコポロリ!」などのニュース系のバラエティー番組でも司会を務めています。

最近の活動を見ていると、東野さんは「大人の司会者」と「白い悪魔」という二面性を使い分けるのが年々巧みになっているように思います。ほとんどの番組では司会者として落ち着いた振る舞いをしつつ、ここぞというときには刀を抜き、誰よりも早く相手を斬りつけて笑いを取ってみせるのです。

年齢を重ねるほど時事問題を語るのに説得力が出てくるし、本人の興味の対象も広がっていくということを考えると、東野さんの芸が熟練の域に達するのはまだまだこれからでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT