サムスン電子は、ウォン高を克服できるか

新年早々株価急落、7日の決算に懸念広がる

1月2日、ソウル株式市場でサムスン電子の株価が5%超下落し、約4カ月ぶりの安値を付けた。写真はソウルで2013年7月撮影(2014年 ロイター/Lee Jae-Won)

[ソウル 2日 ロイター] -2日のソウル株式市場でサムスン電子<005930.KS>の株価が5%超下落し、約4カ月ぶりの安値を付けた。一部アナリストが、ウォン高とディスプレー事業の利益率低下を理由に、2013年第4・四半期の利益が減少したと予想していることが響いた。

株価は一時5.1%安の130万2000ウォンと、8月下旬以来の安値をつけた。終値は4.6%安と、5営業日連続の下落となった。

サムスン電子は来週7日に10─12月期の業績予想を公表する予定となっている。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト40人の第4・四半期営業利益の平均予想は、前期比1%増の10兆3000億ウォン。

ところが、確度の高い予想を立てているアナリストに絞った、スターマイン・スマートエスティメーツの平均予想は同3.6%減の9兆9000億ウォンとなっている。

IBK投資証券のハイテク業アナリスト、LeeSeung-woo氏は、「われわれはサムスンの利益が約9兆5000億ウォンと、市場コンセンサスの約10兆2000億ウォンを下回るとみている。最大の要因はウォンの対ドル為替レートで、それに次ぐ理由が有機ELディスプレー(OLED)販売で利益率が縮小していることだ」と指摘した。

ウォンは2日、2008年半ば以来の高水準に上昇した。市場参加者は、最近、良好な経済指標が出ていることから、ウォン高がさらに進むと予想している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。