GWに絶対便利な「100均グッズ」を探してみた

旅先での急な雨など、困りごとに役に立つ

旅行先でのいざというとき、「これがあれば助かる」といえそうな便利グッズを、100円ショップで調達してみました(撮影:今井康一、尾形文繁、田野 真由佳)

昭和生まれの筆者でも経験したことがない大型連休がやってくる。4月27日(土)~5月6日(休)までの10日間が公的にはお休みになる。

むろん、業種によって10連休にはならない人も多いと思うが、とはいえ、新天皇陛下の即位に伴い改元も行われ、祝賀ムードで消費意欲も盛り上がるだろう。

この連載の記事一覧はこちら

JTBの調べでは、この期間の総旅行人数は対前年比1.2%増の2467万人(推計)で、旅行に行く回数も「国内旅行1回(45.2%)」が最多だが、「国内旅行3回以上」が29.8%、 「国内・海外旅行の両方」も4.5%ほどあったという。

宿泊を伴わない日帰りレジャーに行く人も多いはずだ。道路も観光地もかなり混み合うだろうし、予想外のトラブルも起きるかもしれない。備えあれば憂いなしという。「これがあれば助かる」といえそうな便利グッズを、100円ショップで調達してきたので参考にしてほしい。

急な雨でも安心!グッズ

100円ショップ好きの筆者は、普段から「旅先で困ったら100円ショップへ」とお勧めしている。特に、郊外型の大型ショップは、ないものはないと感じるほどの品ぞろえだ。

今年初めに沖縄の大型店に入ったところ、おなじみの日用品はもちろん、訪日観光客向けだろうが、招き猫や凧、提灯に升まで売っていた。招き猫はともかくとして、忘れ物をしても100円ショップに駆け込みさえすれば大抵は何とかなる。とはいえ、事前に備えておいたほうがいいものも多い。例えば、雨具だ。

旅先では天気は選べない。少々の雨でも無理やり観光に行こうと考えるものだ。最近ではキャリーバッグを引いている人の姿が多いが、これでは傘を差しても濡れてしまう。特に布製のバッグだと泥はねも気になる。

右下は携帯ポーチ付きで機内持ち込みサイズ用。中央は使い捨てタイプ。左はディバッグにすっぽりかぶせるタイプで、撥水加工済み。すべてワッツで購入(写真:筆者撮影)

カバーするものはないかと探していたら、ちゃんとあった。すっぽりかぶせられる雨よけカバーだ。

上から持ち手にすっぽり通すだけで、機内持ち込みサイズ(縦47×横36×幅24㎝。ポーチ付き)、もう少し大きい縦75×50㎝対応の使い捨て用もある。ディバッグ用のカバーもあり、これも助かる(いずれもワッツにて)。

次ページアウトドアレジャーの衛生対策には
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。