300円ショップ「3COINS」が躍進を遂げた理由

売り場は"鮮度"重視、月400~500商品を投入

スリーコインズ下北沢店の隣には、輸入食材などを扱う「カルディコーヒーファーム」の店舗がある。人の出入りが多い店に近接する形で出店するのも戦略の1つだ(記者撮影)

4月上旬の平日、JR新橋駅の構内にある「3COINS(スリーコインズ)」の店先には、冷感グッズやレジャー向けアイテムなど、大型連休や初夏の訪れに備えた商品が所狭しと並んでいた。通勤客や就活生、観光客らが入れ替わり立ち替わり入店し、10分もしないうちに複数の商品を購入していった。

明るい黄緑色を基調としたロゴで知られるスリーコインズは、300円を中心とした価格の生活雑貨やアクセサリーを取りそろえ、最近は駅やショッピングセンターで目にする機会が増えた。それもそのはず、スリーコインズの店舗は2010年に62店だったのが、2018年には176店(いずれも2月時点)となり、この8年間で3倍近くに伸びている。

9割超がオリジナル商品

特徴的なのは、商品の入れ替えの早さだ。年間を通して店頭に並ぶ商品は全体のごく一部。毎週新商品を入荷し、雑貨は月400~500アイテムを新たに投入する。陳列される商品は変化を続け、収納ボックスやキッチン用品などの定番品も、デザインや機能を定期的に見直している。商品の9割以上が定価(正規価格)で売られており、小売業では日常茶飯事ともいえる、値引きによる在庫処分は極めて少ない。

キッチン用品などの定番商品もデザインや機能を定期的に見直している(写真:パル)

現在、スリーコインズで販売される商品のうち、9割超をオリジナル商品が占める。メイン顧客は30歳前後の女性。通勤途中に店をのぞく客も多いため、飽きられない売り場づくりを目指している。

スリーコインズのブランド長を務める、パル第四事業部本部・澤井克之部長は「売れるからといって、同じ商品ばかりをずっと売ることはしない。事業規模が大きくなると安定志向になりがちだが、つねに攻めの姿勢でいることを重視している」と話す。

次ページオタク向けグッズが大ヒット
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。