日産が初めて自社開発した軽「デイズ」の実力

開発責任者の齊藤雄之氏に独占インタビュー

インド向けダットサンの800ccエンジンをベースに大幅改良した、日産初の軽エンジン(筆者撮影)

――そのエンジンですが、ゼロからの開発なのでしょうか。

初代デイズでは、三菱製の3B20型エンジンを使っていました。 一方、(日産の新興国向けブランドの)ダットサンでインド市場向けに排気量800㏄のエンジンがあり、これをベースに今回は開発しました。インド市場の場合、排気性能など顧客の要望は日本のように厳しくありません。排気や燃費で軽対応に検討しました。

さらに、(上位グレードに)スマートシンプルハイブリッドも搭載しています。回生ブレーキで発生したエネルギーをリチウムイオン二次電池に貯め、必要に応じてモーターがエンジンの駆動をアシストします。

まるでミニバンのように充実装備のインテリア(筆者撮影)

また、(日産の関係企業である)ジャトコに新設計の(無段変速機)CVT-Sの開発を依頼しました。変速比を軽向けに最適化する上で、(変速比を決める)プーリーを小型化して(CVT全体をも)小型化しました。(2つのプーリーを結ぶ)ベルトでもフリクション(抵抗)を軽減した設計として、低燃費と音の低減をしています。また旧型で使用していた副変速機も不要としたことで、CVT全体の小型軽量化を実現しました。

こうした(クルマとしての)基本性能を上げたことで、プロパイロットなど先進技術がさらに活きてきます。

軽はバリューがとても大事

―― そうした技術開発を進める上で、コストをどう捉えましたか。近年、ホンダN-BOXを筆頭に高付加価値で売値も高い軽の需要が高まっています。

自動運転技術を用いた高度運転支援システム「プロパイロット」を全グレードに標準装備した点を強調(筆者撮影)

軽ではお客様にとってのバリュー(価値)がとても大事だと感じています。だから、N-BOXは価格が高くても売れている。(そうした市場状況を十分に理解した上で、第2世代デイズでは)、仕様や装備として、他社と比較して各領域で勝つためにどうすべきか、1点ずつ検討しました。例えば、プロパイロットを全車・全グレードで標準装備しましたが、そのためにはステアリングに(コストの高い)ブラシレスモーターを採用する必要がありました。

――次に開発に関する組織についてお聞きします。公表されている資料では、NMKVは60~70人程度と小規模な所帯だと思います。端的に、日産と三菱の共同開発でもよさそうな気もします。

(NMKVが)あったほうが(開発が)やりやすいと思います。新車開発の初期段階では、まず(その時点での)現行車について詳しく調べます。その際、開発方法やサプライヤー(への委託業務内容)など、別の自動車メーカーと話を進めるのは難しいです。NMKVには三菱側から役員が入っているなど(日産側と高いレベルでの)情報交換ができています。

次ページ製造面での三菱との関係は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT