東野圭吾、僕が自腹でスノボ大会を開く理由

一生懸命にやっている人の励みになりたい

日本屈指のベストセラー作家であるのはもちろん、世界にもファン層が拡大している東野圭吾氏。そんな東野氏がスノボ大会を創設した理由とは?(撮影:梅谷 秀司)
東野圭吾氏といえば、いまや日本を代表する小説家だ。世界的な権威があるミステリー文学賞・エドガー賞に2012年にノミネートされて以来、新作は絶えず英訳されている。これは日本人作家としてはまれなことだ。特に近年は東アジアで高い人気を集め、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は世界販売部数1200万部を記録している。世界規模でファンを擁する点では、いまや村上春樹氏と並ぶ存在だ。
その東野氏が大のスノーボードファンであり、それが高じて自腹で競技大会を開いていることはほとんど知られていない。今週末(4月5日~7日)にロッテアライリゾート(新潟県妙高市)で開かれる「スノーボードマスターズ」がそれだ。昨年に続き2回目の大会は、作家が発起人という異色な背景だけでなく、国内屈指の規模・レベルの競技大会としてライダーたちの注目を集めている。普段はメディアの取材を一切受けない東野氏が、私財を投じてスノーボード大会をつくった思いを語った。

世界で評価される日本人選手は増えたが

インタビュー本文の前に、この大会がいかに注目に値するかを説明しよう。

スノーボードマスターズの初年度の出場者は約120人。初開催にもかかわらず、片山來夢氏や成田童夢氏ら五輪出場選手から、次世代のスターと期待される若手までが滑りを競うハイレベルな大会になった。その理由は総額400万円超という国内最高の賞金額が1つ。もう1つは、スノーボードをめぐる国内の矛盾した状況だ。

日本人のスノーボード・ライダーは世界で今、かつてない高みに到達している。平野歩夢氏は冬季五輪2大会連続で銀メダル(男子ハーフパイプ)を獲得。世界最高峰の大会とされるバートンUSオープンでも今季、日本人男子がハーフパイプ決勝で2位・3位を占めた。また過去の五輪で議論を呼んだ國母和宏氏は、滑走を映像で魅せるプロライダーとして世界屈指の評価を得ている。国際的に評価される日本人選手は着実に増えているのだ。

ところがこういった選手が出場する大会は、国内からほぼ消滅した。過去には「トヨタ・ビッグ・エア」や「エクストレイル・ジャム」があったが、スポンサー企業の撤退で廃止。現在はスポーツ用品販売のムラサキスポーツが協賛する「エアミックス」が残るぐらいだ。こういった中、東野氏が私財でもって本格的な大会を創設したのだ。

次ページ素朴な発想を基に、ユニークな種目設計が
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。