キューバ、経済自由化に進む社会主義国の実情 私有財産を許可、4月に憲法改正案公布へ

拡大
縮小
カップルの右の女性がオーナーのライアネット・オヴィマスさん。隣の男性がデットマー・ガウラチャーさん(筆者撮影)

「ハバナでは現在ホテルの建築ラッシュが続くなど、観光のインフラ整備が急速に整えられてきましたね。

カサ(民家)の数に至っては、正確に把握できないほどの数があります。

政府も観光産業へ注力していて、観光客に対しての窃盗などは重い罪に問われるし、町には治安維持のために多くの警察官がにらみをきかせている。そんな背景から、治安の良さは世界でも有数のレベルでしょう。

だから、観光に携わる自営業者の収入も高い水準になってきている。今後のキューバにとっても、観光は成長が期待できる分野であり、伸びてもらわないといけない産業でもあるんです」

今、キューバは変わろうとしている

そんなキューバにおける、国民たちの意識変化は興味深い。日本国内でも、キューバの憲法改正案は報道されたが、現地で暮らす人々はどう捉えているのか。また、どう”変わるべき”なのか。フィデル・カストロが卒業したことでも知られるハバナ大学で歴史学を専攻するイヴァン・グウェンッア・リベロさん(22)はこう語る。

キューバという国の未来についても話したイヴァン・グウェンッア・リベロさん(筆者撮影)

「大学生という私の立場から言えば、新案により給料の水準が変わっていくのかが最も注視している点です。私たちは昔からずっと同じ問題を抱えています。それは、キャピタリズム(資本主義)とソーシャリズム(社会主義)のバランスをいかに取るのかということでもあります。

5年ほど前にも、キャピタリズムに傾倒しつつあるのでは、という危惧の議論が国内でも起きました。国民のほとんどは、ベストリーダーとしてカストロ兄弟を尊敬してきました。

ただ、カストロ兄弟が一線を退いた今、新しいリーダー(2018年に就任したミゲル・ディアス・カネル)を迎えキューバは変わろうとしている。

インターネットの普及といったインフラ整備など現実的に解決しないといけない問題は多いですが、未来へ向けて新しい一歩を踏み出したことは非常に嬉しく感じていますね。そして、この国の未来のためにも国際社会の中でどのように振る舞うのかということを、国民は考えるタイミングでもあるでしょう」

Wi-Fiを探してスマホに没頭する人々。キューバでは一部のホテルなどを除き、Wi-Fiは一部のストリートや公園などに限定されている。国民にとっては1時間あたり約110円と給与水準に対して高額である(筆者撮影)
次ページキューバ人はアメリカに拒否反応があるわけではない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT