東上線「川越特急」登場、東武vs西武「春の陣」

観光輸送では西武が先行、競争か協調か

「川越特急」の運行開始に先立って東武東上線に登場した「池袋・川越アートトレイン」(撮影:尾形文繁)

3月16日から東武東上線で「川越特急」が運行を開始した。この電車は平日5本、土休日は6本の運行だ。池袋から川越の間は朝霞台のみに停車し、両駅間を26分で結ぶ。主力列車である急行はこの区間を約30分で走るため、川越特急はかなり速さにこだわっていると言えるだろう。

東武鉄道がいま、このような思い切った新種別を設定した狙いは何だろうか。そして同じく東京都内と川越を結ぶ西武鉄道はどういった対抗策を考えているのだろうか。

人気の高まる川越

川越は東京近郊のベッドタウンで、人口約35万人の都市だ。江戸時代には川越藩の城下町として栄え、その後も商都として栄えたために寺社や歴史的な街並みが広がり、メディアで取り上げられることも多い。また、東京に近いこともあって年々観光客が増えており、現在は年間約734万人の観光客が訪れる。特に近年はインバウンドの伸びが著しく、10年前に年間約4万人だった外国人観光客は約7倍の約30万人まで増えた。

そんな川越市と東京都内を結ぶ鉄道は東武東上線、西武新宿線、JR川越線(大宮以南は埼京線)の3路線だ。主力と言えるのは最短距離で池袋と川越を結ぶ東武東上線だが、有料特急「小江戸」を運行する西武新宿線も観光輸送に力を入れている。

近年高まり続ける川越の人気に対して、東武鉄道はある問題意識を持っていた。「川越は有名になってきているが、どうやって行くかという部分で首都圏の方に意外に認知されていない」(東武鉄道担当者)ということだ。川越は同社にとって池袋と共に重要な拠点で、東上線の核とも言える場所だ。しかしながら、川越と東上線が結びついていない。そこで考えられたのが「川越特急」であった。

今回の「川越特急」設定は沿線外の人をターゲットとし「PR戦略の一環としての新種別という側面が強い」(同)という。そして設備投資を抑えつつ最大限のインパクトを狙うこともミッションだ。そのため、さまざまな面に東武の「こだわり」が見える。

次ページ単なる「特急」ではなく目的地を強調
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。