東上線「川越特急」登場、東武vs西武「春の陣」

観光輸送では西武が先行、競争か協調か

「川越特急」の運行開始に先立って東武東上線に登場した「池袋・川越アートトレイン」(撮影:尾形文繁)

3月16日から東武東上線で「川越特急」が運行を開始した。この電車は平日5本、土休日は6本の運行だ。池袋から川越の間は朝霞台のみに停車し、両駅間を26分で結ぶ。主力列車である急行はこの区間を約30分で走るため、川越特急はかなり速さにこだわっていると言えるだろう。

東武鉄道がいま、このような思い切った新種別を設定した狙いは何だろうか。そして同じく東京都内と川越を結ぶ西武鉄道はどういった対抗策を考えているのだろうか。

人気の高まる川越

川越は東京近郊のベッドタウンで、人口約35万人の都市だ。江戸時代には川越藩の城下町として栄え、その後も商都として栄えたために寺社や歴史的な街並みが広がり、メディアで取り上げられることも多い。また、東京に近いこともあって年々観光客が増えており、現在は年間約734万人の観光客が訪れる。特に近年はインバウンドの伸びが著しく、10年前に年間約4万人だった外国人観光客は約7倍の約30万人まで増えた。

そんな川越市と東京都内を結ぶ鉄道は東武東上線、西武新宿線、JR川越線(大宮以南は埼京線)の3路線だ。主力と言えるのは最短距離で池袋と川越を結ぶ東武東上線だが、有料特急「小江戸」を運行する西武新宿線も観光輸送に力を入れている。

近年高まり続ける川越の人気に対して、東武鉄道はある問題意識を持っていた。「川越は有名になってきているが、どうやって行くかという部分で首都圏の方に意外に認知されていない」(東武鉄道担当者)ということだ。川越は同社にとって池袋と共に重要な拠点で、東上線の核とも言える場所だ。しかしながら、川越と東上線が結びついていない。そこで考えられたのが「川越特急」であった。

今回の「川越特急」設定は沿線外の人をターゲットとし「PR戦略の一環としての新種別という側面が強い」(同)という。そして設備投資を抑えつつ最大限のインパクトを狙うこともミッションだ。そのため、さまざまな面に東武の「こだわり」が見える。

次ページ単なる「特急」ではなく目的地を強調
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。