日本がマレーシアに「洋菓子のW杯」で負けた理由

アジアナンバーワンの座を奪い返せるか

パティスリー、洋菓子の世界にもW杯がある。2019年大会で日本は2位。優勝は、まさかのマレーシアだった( ©Julien Bouvier Studio)

洋菓子の国際大会として世界中から注目される「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」(フランス語で「パティスリーのワールドカップ」)。1989年に始まった「洋菓子のW杯」とも呼ばれるイベントで、2年に一度、フランス・リヨンで開催される。

2019年は21カ国が参加。1月27、28日の2日間に分けて行われた。パティシエ3人がチームとなり、10時間以内に、6つの課題作品(氷彫刻・チョコレート細工・あめ細工・チョコレートケーキ・アイスケーキ・皿盛りデザート)を作る。

味・ビジュアル・オリジナリティーなどが審査され、得点を競った。会場は、世界最大級(来場者数20万人以上)の外食産業向け展示会「SIRHA(シラ)国際外食産業見本市」内の特設ステージだ。

日本はいつも優勝候補

実は日本はいつも「優勝候補」だ。アジアナンバーワンの上位常連国で、1991年と2007年に優勝、準優勝は7回。日本人パティシエのパフォーマンスは世界のパティシエをうならせている。

近年の日本は、3大会連続で準優勝だった。2019年は、強豪・フランスチームが参加しない、とあって(大会ルールで前年度の優勝国は出場しない)「今年こそは優勝か」と関係者の期待を集めたが、結果は準優勝。では優勝した国はどこだったのか。それが、マレーシアだった。

世界のエリートパティシエがリヨンに集結、世界一に挑む(©Julien Bouvier Studio)

「世界中のパティシエが、優勝を夢見る大会です。私の最大の目標もクープ・デュ・モンドでの優勝でした」。そう話すのは、2007年大会で20カ国を破り、優勝を勝ち取った日本チームのメンバー・市川幸雄さん(帝国ホテル 東京)だ。当時、日本チームの優勝は、世界のメディアに報じられ、ホテルのチョコレートが1カ月以上すぐに品切れるほどの反響だった。

今年の大会で日本チームはアメリカ、イタリア、ベルギーら11カ国とともに初日に出場、安定したチーム力と技術を見せつけたが、迎えた翌日、いきなり頭角を表したのがマレーシアだった。

次ページ優勝がマレーシア、日本は僅差で準優勝だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT