中国人に人気の「関東地方の観光地」トップ30

「ジブリ作品」は中華圏でも支持されている

1位、2位を独占したのは、千葉県浦安市の「東京ディズニーランド」&「東京ディズニーシー」。トリップアドバイザー上の口コミを見ると、日本人と同じように、「家族向けに適している」「パレードが楽しめた」「世界観がすばらしかった」というような声もあったが、香港や上海のものに比べても「ディズニーランド、ディズニーシーとバリエーションがある」ことを評価する声も見られた。

日本人ならではの心のこもったサービスと、現場でのオペレーションに秩序がある、といった点も評価されており、なかには「世界のディズニーランドの中でいちばん」という声も見られた。

なぜ「東京駅」の支持が厚い?

3位に入ったのは「東京駅」。関東圏に住んでいる人にとっては、観光スポットというよりも交通インフラの要所として日々使われている場所ではあるが、訪日観光客にとっては「観光スポット」としても人気が高い。

世界中の旅行者からの数億件もの口コミ情報が満載のトリップアドバイザーの提供記事です

口コミ内には、「100年以上の歴史のある駅舎」「和洋のテイストが融合した大正時代の名建築」「皇居側の夜景がすばらしい」というような、旧駅舎を絶賛する言及もあれば、「デパートとしても機能している」「地下街の飲食店が充実」「東京有数のお土産スポット」といったようにショッピングスポットとして高い評価をつける投稿も見られた。

中華圏の訪日客にとっては、ショッピングも日本観光の楽しみの1つ。歴史的な建築でありながら、買い物スポットとしても充実する東京駅が、訪れるべき観光スポットとして評価されていることがうかがえる。

東京都と浦安市以外では4つの観光スポットがランクイン。「国営ひたち海浜公園(6位)」「箱根神社 / 九頭龍神社新宮(10位)」「芦ノ湖(11位)」「江の島(12位)」と、どれも東京の中心地から日帰りで行けることが共通している。

口コミを見ても、「日帰りの旅に最高(国営ひたち海浜公園)」あるいは「東京から2時間程度で行ける(箱根神社)」「エリア内に点在している観光スポットを、徒歩で回れる(江の島)」といった形で、都内からのアクセスや散策のしやすさが評価されている。

次ページ中国人と欧米人の観光に関する意識の違い
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。