1両まるごと「鼻」、JR東・次世代新幹線は2つの顔

時速360km運転目指し日立も先頭車両を公開

ALFA-Xの10号車は22mのロングノーズ(撮影:尾形文繁)

今度の新幹線は、先頭車両と最後尾車両で「鼻の形」が違う。

JR東日本は2月8日、現在製造を進めている新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」の先頭車両を、メーカーの日立製作所笠戸工場(山口県下松市)で公開した。だが、その姿は昨年12月12日に川崎重工業兵庫工場で公開された先頭車両の形状とはまったく違っていた。

10号車の「鼻」は22m

アルファエックスは10両編成。両端の車両、つまり1号車と10号車は比較検証のため、それぞれ形状が異なる。昨年12月に公開された1号車の「鼻」の長さは16mで、現在の東北新幹線の主力であるE5系(15m)よりも少し長い。1号車について「E5系とほぼ同じ先頭長で、環境性能をどこまで追いこめるか試したい」と、JR東日本・先端鉄道システム開発センター所長の浅野浩二氏は意気込む。

アルファエックスの1号車。鼻の長さは16mだ(撮影:尾形文繁)
アルファエックスの10号車。鼻の長さは22mある(撮影:尾形文繁)

1号車はE5系から丸みを削ぎ落としたような鋭角なデザインで、形は風の流れによって作られる「削ぎ」や「うねり」「広がり」といった要素を取り込んだという。

一方、今回公開された10号車の鼻は約22m。1両が丸ごと鼻といっても差し支えないくらいだ。その形状は、台車部を覆うせり出した造形、運転士を包み込む造形、後方に向けてなめらかにつなぐ造形という3つの造形で構成されている。片側3つという窓の数を見る限り、客室はほとんどない。

新幹線が高速でトンネルに突入する際、トンネル内に圧縮波が形成され、反対側の出口からパルス状の圧力波を放射する。この圧力波を抑えるために、先頭形状をなめらかにする必要がある。鼻を長くしたのはそのためだ。先頭長が2両目にかかることも検討したが、この長さに落ち着いたという。

試験走行では両タイプの圧力波抑制効果などを比較し、次世代新幹線の新たな先頭形状開発につなげる。川重と日立、2つの先頭車を別々のメーカーが担当した理由は「さまざまな要因を総合的に勘案した結果」(浅野氏)という。

次ページ「高速走行」技術的な課題はどこにある?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?