トヨタが「国際レース」に力を入れる意外な理由

「走り」と「IT」を担う友山副社長を独占取材

 ――そうして得られたものが、一般ユーザーに還元されてこなければなりませんね。GRのクルマはドライバーズオリエンテッドだなと感じる、あるいはGRはドライバーズオリエンテッドなブランドだなと感じる、みたいに。

そうですね、GRMNのマークX乗られました? 限界も高いんだけど、限界を超えたときの挙動がものすごく穏やかで思い通りに修正できるっていうのは、GRの1つの乗り味だと思います。いったんそれができるようになると、今度それをAIにやらせるのはすごく楽なんですよ。

AIも人間と同じで、限界を超えるとピーキーなクルマをAIで何とかするというのはめちゃくちゃ難しい。そうじゃなく、素性のいいクルマをさらにAIでうまく制御してあげると、非常にエキサイティングで安全なクルマができますよね。ITの会社では、そういうクルマはできないんじゃないのかなって思います。時速100km以上で走る、人の命を預かる乗り物なので、まあスマホとは違いますよね。

つながらなくなったら不具合になる

――そこだけ取ってみても、自動車メーカーのやらなければならない仕事、領域がますます拡大していきますね。

昨年末、コネクティッドが通信障害で使えなくなることがありましたよね。コネクティッドは今後、さらに不可欠なものになってくると思いますが、その分、もしつながるクルマがつながらなくなったら大変な品質不具合になるんだという危機感を覚えました。将来はADAS(先進運転支援装置)などクルマとしての機能の維持のためにも、コネクティッド技術はますます重要になってくる。そこを他社に任せるということは、品質上もセキュリティ上も非常に問題がある。だから、自社でやるしかないんです。

******

筆者追記】 世間にはまだ「GAZOO Racingって何? トヨタじゃいけないの?」という声はきっと多いだろう。正直、筆者もまだそう思う部分がないとは言わない。しかし友山氏の話を振り返ると、GAZOO Racingという名前だからこそできること、言い換えればトヨタの名前ではできないことは、確かにあるんだろうと改めて思わされたのも、また事実である。

また冒頭に記した通り、友山副社長はレーシングとコネクティッドという2つの顔を持つが、それはまったく正反対のことを同時に手がけているのではないのだということも、ある程度伝わったのではないかと思う。それは結局、未来のクルマの話であり、そして未来のトヨタの話なのだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT