嵐に「結婚」「SMAP」「滝沢」を聞かない不思議

活動休止会見「無責任」より忖度のほうが深刻

記者たちの質問は、会見前に発表されたメンバーのコメントを確認するようなものが多く、掘り下げようとする意志はあまり感じませんでした。それどころか、「何年くらい休みますか? 活動再開はいつごろ?」「今だからこそ思い出す楽曲は?」などの核心から外れた質問や、「ジャニーさんには報告されたんですよね?」「事務所の先輩には相談されましたか?」などの忖度がにじみ出るような質問が目立ちました。

賢明な人なら気づいているでしょうが、会見で質問を許されたのは、ジャニーズ事務所と日ごろ付き合いのあるテレビ番組と大手新聞の記者ばかり。会見がジャニーズ事務所で開かれたことも含め、記者たちに「下手なことは言えない」「出禁になるわけにはいかない」という思いがあったことは間違いありません。だから、「ケンカや言い合いになったことは?」「大野さん以外の4人で話はしましたか?」という質問が精いっぱいのレベルだったのです。

ただ、こうしたジャニーズ事務所とメディアの忖度関係が「人々から望まれているか?」と言えば、そうではないでしょう。実際、大野さんの「何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」というコメントを聞いたとき、恋愛や結婚が頭に浮かんだ人は多いはずです。さらに掘り下げると、2015年9月の熱愛報道や悲壮感漂う謝罪会見を思い起こした人もいるでしょう。

恋愛や結婚に触れる質問はなし

ところが、今回の会見では恋愛・結婚に触れる質問はありませんでした。「全員アラフォーのグループに対して恋愛・結婚に関するフレーズはタブー」という状態は明らかに異常。「個人の意思を尊重する」という風潮の現代においては時代錯誤です。

また、同じアラフォーで昨年、芸能界引退した滝沢秀明さんと退所した渋谷すばるさんの名前が出ないことも「不自然」と言われても仕方がないでしょう。大野さんは2人と「40歳を前に自分の人生を考え直した」という共通点を持ちながら、異なる道を選びました。2人と比較することで、より大野さんの思いを掘り下げるチャンスだったのに、それをしなかったのです。

大野さんにとっても憶測を書かれてしまうリスクを回避できるだけに、「2人にふれるな」というジャニーズ事務所と「2人にはふれない」というメディアの閉鎖的なスタンスに疑問を抱かざるをえません。

次ページジャニーズとメディアの古い商慣習
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。