トヨタ自動車「来期赤字転落」のシナリオ

独自試算! 

一方で、増益要因もある。鋼材をはじめとする原材料の下落であり、これは「原価改善の努力」に含まれる。車用鋼板の購入価格は今期1トン10万円強だ。来期は3割引き下げて1トン7万円程度まで、鉄鋼メーカーに値下げを要求する公算が高い。トヨタは年間約400万トン購入するとして(1台0.5トンで800万台生産)、トン当たり3万円下がれば、3万円×400万トンで、1200億円の増益要因。 加えて、持ち前のカイゼン活動など本来の原価低減で「毎期3000億円ひねり出せる」(木下光男副社長)とすれば、合計では「4200億円の増益要因」だ。

最後に、「諸経費」は今期と同じ額で「増減ゼロ」と、中立要因とする。これらを積み上げていくと、来期見通しは以下のように試算できる。

来2010年3月期見通しの営業利益増減要因(東洋経済推定)
今期営業利益見通し                    6000億円
 為替変動の影響(1ドル87円、1ユーロ126円)   ▲7600億円
 販売面での影響(774万台、50万台減)       ▲5000億円
 原価改善の努力(原材料安を含む)           +4200億円
 諸経費ほか                          ±0円
来期営業損益見通し                    2400億円赤字

以上はあくまで、今期見通しが達成できるとした前提で、来期業績を見通したものである。

円高について厳しめに見ており、今はまだ手をつけていない、正社員の人員削減なども見込んでいない。その意味では『最悪のシナリオ』とも言えるわけで、現時点は15日発売の「会社四季報」新春号における予想数字も変更していない。ただし環境変化次第では、2月上旬に開催される08年4~12月期発表前でも、今来期について業績予想を見直す可能性がある。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT