日本電産、下方修正でも「楽観ムード」のわけ

カリスマ経営者・永守会長の警告を読み解く

永守重信会長は「こんな落ち込みは46年間経営して初めて」と語った(撮影:今井康一)

あの日本電産が下方修正を出すなんてーー。

1月17日、ある国内証券の電子部品担当アナリストはモーター大手・日本電産のリリースを見て驚愕した。

会社は2019年3月期の業績予想を下方修正。売上高1兆4500億円、営業利益1450億円と、これまでの会社予想からそれぞれ1500億円、500億円引き下げる大幅下方修正となっていたからだ。

「想定外」の業績下方修正

このアナリストに限らず、大方の市場関係者にとって日本電産の下方修正は「想定外」だった。

永守重信会長の経営手腕に対する信頼は厚く、同社の業績予想は保守的で上振れて着地することが当たり前だった。東洋経済の「会社四季報」予想を含め、アナリストのコンセンサス予想は会社予想を上回っていた。

昨年の中間決算時期には米中貿易摩擦の激化による中国需要の落ち込みへの懸念は高まっていたものの、「どんなときも目標を達成するイメージがあり、強気に予想することに慣れてしまった」と冒頭のアナリストは唇をかむ。

次ページ永守会長の強烈な危機感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。