日本電産、下方修正でも「楽観ムード」のわけ

カリスマ経営者・永守会長の警告を読み解く

永守重信会長は「こんな落ち込みは46年間経営して初めて」と語った(撮影:今井康一)

あの日本電産が下方修正を出すなんてーー。

1月17日、ある国内証券の電子部品担当アナリストはモーター大手・日本電産のリリースを見て驚愕した。

会社は2019年3月期の業績予想を下方修正。売上高1兆4500億円、営業利益1450億円と、これまでの会社予想からそれぞれ1500億円、500億円引き下げる大幅下方修正となっていたからだ。

「想定外」の業績下方修正

このアナリストに限らず、大方の市場関係者にとって日本電産の下方修正は「想定外」だった。

永守重信会長の経営手腕に対する信頼は厚く、同社の業績予想は保守的で上振れて着地することが当たり前だった。東洋経済の「会社四季報」予想を含め、アナリストのコンセンサス予想は会社予想を上回っていた。

昨年の中間決算時期には米中貿易摩擦の激化による中国需要の落ち込みへの懸念は高まっていたものの、「どんなときも目標を達成するイメージがあり、強気に予想することに慣れてしまった」と冒頭のアナリストは唇をかむ。

次ページ永守会長の強烈な危機感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT