ココイチが「糖質オフカレー」を発売する事情

白米の代わりに「カリフラワー」はありなのか

国内に1200以上の店舗を構えるほか、アジアやイギリスなど海外にも展開を広げているCoCo壱番屋。「ブルームシステム」という独自ののれん分け制度により、サービス品質を確保しつつ、フランチャイズ店を増やしてきた。写真は六本木店(筆者撮影)

ダイエットをしている人にとって、カレーは御法度の食べ物。食欲を刺激する匂いを漂わせるカレー店の前は逃げるように通り抜ける。もし立ち寄ることがあるとすれば、それは「頑張ったご褒美」。思うさまカレーを堪能するために、満を持して入店する。カロリーなど気にしている場合ではない。

カレーはそもそも、ルーに小麦粉や油が使われているほか、ライスにかけて食べるのが前提だから、カロリー、糖質はどうしても高くなってしまう。だからこそおいしく、満足感があるのだ。

ダイエット中の人でも楽しめる「糖質オフカレー」

しかしこのほど、国内で1265店舗(2018年12月末時点)と最も店舗数の多いカレーチェーン、CoCo壱番屋からダイエット中の人に向けたカレーが発売された。

糖質を従来の半分程度に抑えた「CoCo deオフカレー」690円。トッピングの違いにより、3種類を展開している。写真はほうれん草とフライドチキン3個をトッピングしたAタイプで、糖質量は33.8グラムだ(筆者撮影)

2018年12月1日発売の「CoCo deオフカレー」(以下、「オフカレー」)は、一般社団法人「食・楽・健康協会」のロカボ基準にのっとり、1食あたり20〜40グラムに糖質を抑えた。従来のカレーライスより、糖質が約半分程度に抑えられているという。

同チェーンは1978年に1号店をオープン以後、カレーの辛さや量、トッピングなどを自由にアレンジできるスタイルをいちはやく取り入れ、手軽に、食べたいようにカレーを食べられるショップとしての評価を確立させている。

そうしたカレーチェーンが、なぜわざわざロカボのカレーの発売に踏み切ったのか。また、味やボリュームで満足できるカレーに仕上がっているのだろうか。

次ページ基本方針の一環で自然にできたメニュー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT