日経平均は反落、まだまだ残る不透明要因 

いったん上昇も、利益確定売りに押される

 1月16日、東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株高を支えに高寄りしたものの、買いは続かず利益確定売りに押された。写真は東京証券取引所で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株高を支えに高寄りしたものの、買いは続かず利益確定売りに押された。強含みの円相場と連動した先物売りで下げ幅は一時200円を超えたが、個別銘柄を物色する動きもみられ、下げ渋った。午後は材料に乏しく安値圏でもみあった。

今後の中国の景気刺激策や米企業決算への期待が高まる一方、英国の欧州連合(EU)離脱問題や米政府機関閉鎖の長期化など不透明要因が残っている。好悪材料が入り混じる中で「積極的に買いづらい」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXも反落。セクター別では、電気・ガス、食料品、水産・農林などが値上がり率上位にランクインした半面、石油・石炭製品、鉱業、パルプ・紙などが軟調だった。

市場では、これから本格化する日本の企業決算に注目が集まっている。「昨年末にかけての下落相場で悲観は大分織り込まれた。業績の下方修正があっても悪材料出尽くしとなる可能性もある」(フィリップ証券・リサーチ部長の庵原浩樹氏)との声も出ていた。

個別銘柄では、Gunosy<6047.T>が大幅続落。同社は15日、2018年6─11月期の連結当期利益が前年同期比2.5倍の15億1700万円になったと発表。朝方は堅調な業績を好感した買いが先行したが、その後は材料出尽くし感による売りが強まりマイナス転換した。

一方、イオンファンタジー<4343.T>は大幅高。15日発表した2018年12月度の既存店売上高が前年比3.7%増となったことが材料視された。

東証1部の騰落数は、値上がり635銘柄に対し、値下がりが1424銘柄、変わらずが69銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20442.75 -112.54

寄り付き    20575.72

安値/高値   20323.32─20580.25

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1537.77 -4.95

寄り付き     1543.17

安値/高値    1529.85─1543.44

 

東証出来高(万株)120962

東証売買代金(億円) 21581.36

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT