日経平均は反落、まだまだ残る不透明要因 

いったん上昇も、利益確定売りに押される

 1月16日、東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株高を支えに高寄りしたものの、買いは続かず利益確定売りに押された。写真は東京証券取引所で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株高を支えに高寄りしたものの、買いは続かず利益確定売りに押された。強含みの円相場と連動した先物売りで下げ幅は一時200円を超えたが、個別銘柄を物色する動きもみられ、下げ渋った。午後は材料に乏しく安値圏でもみあった。

今後の中国の景気刺激策や米企業決算への期待が高まる一方、英国の欧州連合(EU)離脱問題や米政府機関閉鎖の長期化など不透明要因が残っている。好悪材料が入り混じる中で「積極的に買いづらい」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXも反落。セクター別では、電気・ガス、食料品、水産・農林などが値上がり率上位にランクインした半面、石油・石炭製品、鉱業、パルプ・紙などが軟調だった。

市場では、これから本格化する日本の企業決算に注目が集まっている。「昨年末にかけての下落相場で悲観は大分織り込まれた。業績の下方修正があっても悪材料出尽くしとなる可能性もある」(フィリップ証券・リサーチ部長の庵原浩樹氏)との声も出ていた。

個別銘柄では、Gunosy<6047.T>が大幅続落。同社は15日、2018年6─11月期の連結当期利益が前年同期比2.5倍の15億1700万円になったと発表。朝方は堅調な業績を好感した買いが先行したが、その後は材料出尽くし感による売りが強まりマイナス転換した。

一方、イオンファンタジー<4343.T>は大幅高。15日発表した2018年12月度の既存店売上高が前年比3.7%増となったことが材料視された。

東証1部の騰落数は、値上がり635銘柄に対し、値下がりが1424銘柄、変わらずが69銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20442.75 -112.54

寄り付き    20575.72

安値/高値   20323.32─20580.25

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1537.77 -4.95

寄り付き     1543.17

安値/高値    1529.85─1543.44

 

東証出来高(万株)120962

東証売買代金(億円) 21581.36

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。