200万円以下でMTもある車に惹かれるワケ

ジムニー、N-VAN、スイフトスポーツの魅力

左から、ホンダ「N-VAN」、スズキ「スイフトスポーツ」「ジムニー」。一見ばらばらなこの3車種に共通する発想とは(写真:Honda Media Website、スズキ メディアサイト)

高性能なスポーツカーや豪華な高級セダン、カッコイイSUVなどに注目が集まりがちな自動車市場の中で、200万円以下で個性の強い小さなクルマ、それも5速や6速などの手動変速機(MT=マニュアルトランスミッション)も選べるモデルがひそかに人気を集めている。スズキ「ジムニー」「スイフトスポーツ」、ホンダ「N-VAN」などだ。

一時は納期が1年待ちにもなったスズキ「ジムニー」

典型がスズキ「ジムニー」だろう。2018年7月に現行型へフルモデルチェンジされ、1カ月当たりの販売計画が1250台(小型車のジムニーシエラは100台)と少なく、一時は納期が約1年まで延びた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ジムニーは悪路の走破力を高めた軽自動車サイズのSUVで、20年ぶりにフルモデルチェンジされた。新型の登場を待っていたユーザーも多く、注目されて当然といえる。ただしジムニーは悪路向けだから、多くのユーザーに適したSUVではない。その割に話題性が高い。

人気を得たいちばんの理由は、車両のコンセプトとそれを表現する外観にある。潔いSUVの原点回帰を感じさせたからだ。SUVは人気のカテゴリーだが、大柄で豪華な車種も多く、キズ付くのを恐れずに悪路へ乗り入れる雰囲気ではない。「最近のSUVは、ちょっと軟弱になったなぁ」と思い始めたところで、現行ジムニーが発売された。

ジムニーの外観はシンプルで、国産SUVでナンバーワンの悪路走破力を軽自動車のボディに凝縮させた。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2250mmと短く、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は205mmと高いから、悪路のデコボコも乗り越えやすい。コンパクトだから混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。

この外観を見ているだけで、自分がジムニーを日常生活の中で使ったり、雪道を走る姿を想像できる。余分な付加価値を持たないから個性が明確で、使い勝手をイメージしやすい。

価格も手頃で、装備の充実したXCの4速AT仕様は184万1400円だ。中級のXLに5速MTを組み合わせると158万2200円に収まる。

ホンダ「N-VAN」も2018年夏に登場して話題になった。軽乗用車のホンダN-BOXをベースに開発された軽商用バンだ。N-BOXは2018年に国内販売の1位になったから、外観の似通ったN-VANもなじみやすい。

次ページホンダ「N-VAN」に施された工夫
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
  • さとり世代は日本を救うか?
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?