日産ノートが「2018年1位」でも喜べない事情

商品力は高いが他に買いたい日産車も少ない

ただ、冷静に考えると日産にとって手放しで喜べる状況でもない。自販連の2018年(暦年)の乗用車ブランド通称名別新車販売ランキングを見ると、トップ10に入った日産車はノートとミニバン「セレナ」の2車種のみ。ほかはトヨタが7車種、ホンダが1車種。ホンダよりはヒット車種を出しているものの、トヨタには大きく水をあけられている。

かつてはプリウスやアクアがトヨタのハイブリッド車の代名詞だったが、今や「C-HR」をはじめとするSUV(スポーツ多目的車)や「ノア」「ヴォクシー」などのミニバン、「カローラ」「ヴィッツ」などの定番車種にもハイブリッド仕様が設定されている。

ノートに需要が集中せざるをえない事情

対して日産には手頃なサイズのエコカーが少ない。車種のモデルサイクルが軒並み長期化しているからだ。コンパクトカーでいえば現行「マーチ」は2010年デビュー、「キューブ」は2008年デビューと、基本メカニズムが古すぎるし、目新しさも薄れてしまっている。

同じく廃版になった「ウイングロード」や「ブルーバードシルフィ」などのオーナーも日産車の中で乗り換える選択肢が少ない。日産ユーザーが手頃なサイズの新車を買おうと思ったら、ノートぐらいしかほどよい選択肢がない。つまり、ノートに需要が集中せざるをえないという事情もノートがよく売れている背景にある。

現行ノートにはデビュー時から、「メダリストシリーズ」と呼ばれるグレードが設定されている。標準のノートよりも上級イメージを持たせた仕様ながら、これは廃版になった「ティーダ」ユーザーをノートへと振り向けさせるために設定されたと、自動車販売業界では言われている。

ティーダは2004年に初代がデビュー。海外市場では今でも3代目がラインナップされているが、日本国内では2012年に3ナンバーサイズの2代目デビューとともにラインナップから外れた。ティーダは5ドアハッチバックと「ティーダ・ラティオ」と呼ばれる4ドアセダンが日本国内ではラインナップされ、日産のヒット車種だった。

ティーダユーザーにしてみると、乗り換えの受け皿となる同クラスのモデルがほとんど見当たらないことから、現行ノートにメダリストシリーズがラインナップされたという流れに見える。

2012年に登場した現行ノートが、ここへ来て登録車販売の年間王者の座を獲得したことは、確かに快挙だ。ただ、日産の国内販売という視点で見ると、それはアンバランスな状態でもある。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT